発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

ADHDのほうが自閉症よりも「うつ病」「不安」に関連。研究

time 2023/01/23

この記事は約 5 分で読めます。

ADHDのほうが自閉症よりも「うつ病」「不安」に関連。研究

ADHD症状を多くもつ人は、自閉的特徴を多くもつ人よりも、不安やうつ病になりやすいことが、新たな研究で明らかになりました。

英バース大学の心理学者が主導する新しい研究によると、注意欠陥多動性障害(ADHD)の症状が高レベルの人は、自閉的特徴の高レベルの人よりも、不安やうつ病を経験する可能性が高いことが明らかになりました。

この研究は、ADHDが、自閉症のような他の神経発達条件よりも、成人の精神衛生上の悪い結果につながりやすいことを示す初めてのものです。

これまで、ADHDが精神的健康に及ぼす影響に関する情報は乏しく、自閉症のうつ病、不安、生活の質に対する影響に焦点を当てた研究のほうがはるかに多く行われてきました。
その結果、ADHDを持つ人たちは、しばしば、自分の症状に対処するために必要な臨床ケアにアクセスするのに苦労してきました。

この研究を行った研究者は、この研究結果がADHDに関する新たな研究の引き金となり、最終的にADHDの人たちの精神的な健康状態を改善することを期待しています。

ADHDは、不注意や多動性、衝動性を特徴とする発達障害です。
人口の3パーセントから9パーセントがADHDであると推定されています。
今回の研究を行った主任研究員のルカ・ハギタイはこう述べました。

「研究者たちは自閉症が不安やうつ病と関連していることはすでに知っていましたが、ADHDはやや無視されてきました。
また、ADHDと自閉症が一緒に発生する頻度が高いため、精神衛生上の成果に対するADHDと自閉症の重要性を統計的に分離するのにも簡単ではありませんでした。
今回の研究の目的は、自閉症特性を統計的に考慮しながら、ADHDの性格特性が、困難な精神衛生状態にどれだけ強く関連しているかを正確に測定することでした」

blank

この新しい研究は、バース大学、英ブリストル大学、英カーディフ大学、英キングスカレッジ・ロンドンの共同研究です。
権威ある学術誌「Scientific Reports」に掲載されました。

「ADHDは多くの子ども、大人に影響を与えるものです。
認知度が高まることで、この分野の研究が進み、個人のメンタルヘルスをよりよく管理するためのリソースが充実することが期待されます」

本研究は、英国における成人を全国的に代表する大規模なサンプルを用いて行われました。
すべての参加者は、自閉症特性に関するものとADHD特性に関する質問に回答しました。
「私は頻繁に一つのことに強く夢中になる」
「あなたはどのくらいの頻度で過度に活動し、モーターに動かされたように、何かをしなければならないと感じるか」
などの質問がありました。

その結果、ADHDの特性が、不安やうつ症状の重症度を高度に予測することがわかりました。

ADHDの特性レベルが高いほど、重度の精神的健康症状を経験する可能性が高くなるのです。
さらに、革新的な分析手法により、ADHDの性格が強いほど、自閉的な性格よりも不安や抑うつに強く関連することが確認されました。

これらの結果は、コンピューターによるシミュレーションでも再現でき、100パーセントの再現率でした。
このことから、ADHDの特性が自閉的特性よりも成人の不安や抑うつ症状の重症化につながることはほぼ確実であることが、確信をもって示されました。

ハギタイ主任研究員はこう言います。

「私たちの発見は、研究と臨床が、自閉症からADHDに焦点を移す必要があることを示唆しています。
これにより、不安やうつ病のリスクが最も高い人を特定し、ADHDの症状の管理について子どもや大人をサポートするなどの予防策を早期に行うことで、人々の幸福の向上に大きな影響を与えることができるかもしれません」

blank

筆頭著者の英バース大学心理学准教授、プニト・シャー博士は、この新しい研究のもう一つの重要な点は、神経発達状態に対する科学的理解を進めることだと言います。

「これまでの研究の欠点に取り組むことで、私たちの研究は、見過ごされがちな成人の神経多様性とメンタルヘルスとの複雑な関連について、新鮮な情報を提供しています。

ADHDの特性を持つ人々が不安や抑うつ的な思考に陥る原因となりうる精神的なプロセスについては、より深く理解するために、さらなる研究が必要です。

現時点では、ADHDの研究、特に心理学的研究のための資金が不足しています。
これは、自閉症に向けられた比較的高いレベルの資金と比較すると顕著です。

ADHDは幼少期だけの症状ではなく、生涯を通じて持続するという証拠が明らかになるにつれ、私たちは成人期のADHDをよりよく理解するために研究課題を調整しなければなりません」

ADHD財団、The Neurodiversity FoundationのCEOトニー・ロイド博士は今回の研究による新しい発見についてこう述べています。

「この研究は、成人のADHDに関連する精神衛生上の併存疾患のリスク増加の明確な証拠を示しています。
これは、ADHDの未管理・未治療がもたらすより広範な影響を認識するための一歩となります。
私たちは、この研究が、この分野でより多くの研究が委託されることにつながることを期待しています。
また、医療サービスの設計と提供に変化をもたらすことを期待しています。

ADHDを未治療のまま放置することの国の医療コストへの影響や、医療従事者をよりよく訓練する必要性は今やより明白になっています。

そしてもちろん、ADHDを持つ英国市民の健康や、彼らの家庭生活、雇用可能性、経済的福利など、考慮すべきコストは他にもあります。
これらのコストは隠れていることが多いのですが、かなりのものです。

バース大学のこの研究は、ADHDに対する国民的議論の高まりとADHDの人への生涯にわたる健康サービスに対する再評価の必要性をもたらすでしょう」

(出典:英バース大学)(画像:Pixabay

必要とされる方に適切な支援がなされる。

そのために必要なこのような研究の進展にはますます期待しています。

ADHDの人の自殺未遂や自傷行為の割合は2.5倍。理解不足

(チャーリー)


安心できる、落ち着ける。たーとるうぃずの重いひざかけ
blank

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「音楽とねっちさん」
ねっちさん3
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。