発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

バレエが大好き自閉症の女の子。「まったく別の女の子になる」

time 2022/05/19

この記事は約 2 分で読めます。

バレエが大好き自閉症の女の子。「まったく別の女の子になる」

アメリー・ジョーンズは小学校時代、ほとんど言葉を発せず、先生とも話さず、たった一人の親友とおしゃべりをする程度でした。

しかし、13歳になった自閉症のアメリーは、舞台に立つとまったく別の女の子になります。

バレエがアメリを変えました。
母親のサラは、アメリが踊っているときはまるで別人のようだと言います。

「バレエは娘にとって居心地の良い場所になっています。
ステージに上がっても全く臆することはありません。
娘は演じることが大好きです。
バレエのソロをたくさんこなしました。
本当に生き生きとしていて、全く別の女の子になるんです」

v2 バレエが大好き自閉症の女の子。「まったく別の女の子になる」

アメリは自閉症のため、親しい家族の間でも内気な性格です。
しかし、それは夢を追いかけることの妨げにはなりません。

アメリはキングス国際バレエアカデミーに入学することが決まりました。
そこで舞台でのキャリアに向けて懸命に努力しようと期待しています。

両親と2人の姉妹と住んでいるアメリは、今住んでいる村から引っ越します。
母親のサラはこう語っています。

「娘は今、オンラインで家庭学習をしていているので、それを続けられます。
家を借りて、同じ学年の子たちが一緒に暮らすことになります。
各学年5人しかいないので、娘にとっては最高の環境でしょう。
練習もたくさんできますし、きっと気に入ると思います。

v3 バレエが大好き自閉症の女の子。「まったく別の女の子になる」 v4 バレエが大好き自閉症の女の子。「まったく別の女の子になる」

娘は小学校時代、ほとんど無言でした。
少し話す友達はいましたが、先生と話したり、クラスで発言したりすることはありませんでした。

でも、オーディションのために学校に行くと、娘は先生とおしゃべりして、質問していました。
バレエは娘の人生、大好きなことなのです」

(出典・画像:英Leicestershire Live

大好きなことを見つけて、夢中になって取り組んでいく。

素晴らしいです。

一緒になって、見つけたいですね。

自閉症の私には難しいこともあったが、バレエが人生を豊かにした

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「早く出てよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。