発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

安全を教え社会的な能力も向上。米大学の水中作業療法の取り組み

time 2022/05/30

この記事は約 3 分で読めます。

安全を教え社会的な能力も向上。米大学の水中作業療法の取り組み

米オハイオ州立大学の研究者たちは、19人の自閉症の子に個別の水中作業療法を行った新しいパイロット研究の良好な結果に基づき、今後1年間で36人の子にこのプログラムを拡大する予定です。

オハイオ州立大学健康・リハビリテーション科学学部作業療法学科のエリカ・ケンプ臨床助教授はこう言います。

「最初の研究結果は、このレッスンが水泳技術を向上させ、水をより安全にするだけでなく、プールを超えて身体的、行動的、社会的能力を構築することを示しました。

一般的な水泳教室では、一人の先生がグループ全体に同じ指導をすることが多いです。
しかし、自閉症の子どもたちの場合は、そこが難しいのです。
多くの場合、彼らは別の方法で、あるいは1対1の環境で指導を受ける必要があるのです」

s4-2 安全を教え社会的な能力も向上。米大学の水中作業療法の取り組み s3-4 安全を教え社会的な能力も向上。米大学の水中作業療法の取り組み

しかし、自閉症スペクトラムの子どもを持つ家族にとって、水泳は怖くて危険なものです。
実際、溺死は自閉症スペクトラムの子どもたちの事故死原因の第1位です。
つまり、親や介護者は水の安全について意図的に教える必要があるのです。

ケンプ助教授の研究チームは、3歳から12歳の自閉症の子たちに必要な注意と専門的な指導を行うため、1対1の個別水泳レッスンを行いました。

各セッションの間、作業療法士は子どもたちの泳ぎ方を追跡調査しました。
さらに、家族や参加者個人への影響を調べるため、保護者への質的インタビューとフォローアップ調査を実施しました。
10週間のセッションに参加した子どもたちは、泳ぎの上達が止まるまで、さらに10週間のセッションに参加することができるようにしました。

「このプログラムに参加した子どもたちは皆、水への適応力、水中での快適さ、水に潜って息を止める能力などが向上しています。
水中でバランスを保ち、浮き輪を維持し、水中を移動できるようにすることに取り組んでいます」

s1-4 安全を教え社会的な能力も向上。米大学の水中作業療法の取り組み s5-1 安全を教え社会的な能力も向上。米大学の水中作業療法の取り組み s2-4 安全を教え社会的な能力も向上。米大学の水中作業療法の取り組み

このパイロットプログラムの成功により、米オハイオ州は、ケンプ助教授の研究とこのアダプティブ・スイム・プログラムを拡大し、何百万人もの自閉症の子たちが安全に水泳の楽しさを経験できるよう、同様のプログラムを実施することを目標にしました。

「私たちは、みんなに個別の目標を設定しています。
ある子どもは、最初はプールに入ることさえしませんでしたが、今では進んでプールに入り、水中を移動できるようになり、床から足を上げることもできるようになりました。
これは彼女にとって本当に大きなスキルアップです」

(出典・画像:米オハイオ州立大学

うちの子も本当に水が大好きです。

小さな頃はお風呂でぷかぷか浮いていました。

大きくなってからはなかなかプールも行けていませんけれど。

自閉症の人の多くが40歳未満で死亡。みんなに行動してほしい

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「何を見てるの?ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。