発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子のいじめリスク。学校でニューロダイバーシティを

time 2022/06/11

この記事は約 4 分で読めます。

自閉症の子のいじめリスク。学校でニューロダイバーシティを

自閉症などの発達障害と診断された子どもたちは、学校でさまざまな困難を経験します。
それは、コミュニケーションや、他の子どもたちとの関係によるものかもしれません。

自閉症の子どもはいじめにあう可能性が高い証拠が集まっています。

自閉症がすべての発達障害の中で、いじめにさらされる危険因子のトップであることを観察した研究を発表されています。
また、カナダの調査では、自閉症スペクトラムの子どもの77パーセントがいじめにあったと回答しています。

意欠陥多動性障害(ADHD)、トゥレット症候群、知的障害など、他のタイプの発達障害の子どもたちも、そうでない子どもたちと比較すると、そのリスクは大幅に高くなっています。

発達障害のある子どもたちがいじめられるリスクが高い理由は複雑です。
しかし、考えられる理由のひとつは、コミュニケーション能力の低さです。
これは、仲間に拒絶されたり、友人関係を築くのが難しくなったりする原因になります。

b1 自閉症の子のいじめリスク。学校でニューロダイバーシティを

また、発達障害によく見られる衝動的な行動は、社会に溶け込むことを困難にし、その結果、被害者としても加害者としても、社会的排除とその結果としてのいじめに遭うリスクを高める可能性があります。

いじめに遭遇すると、うつ病や不安症などの長年の心理的症状だけでなく、生理的な症状も引き起こされることがあります。

オーストラリア児童縦断研究のデータによれば、いじめられた経験は、14〜15歳の青少年における自傷行為や自殺念慮のリスクを4倍高める可能性があることが示されています。

新しい研究では、自閉症スペクトラムの子どもたちは、小学校よりも高校でいじめられる可能性が高いことがわかりました(自閉症でない子どもたちとは逆の傾向です)。
高校では、自閉症による違いがより顕著になり、目立っている可能性があります。

また、特別な医療を必要としない自閉症スペクトラムの子どもは、特別な医療を必要とする自閉症スペクトラムの子どもよりも、いじめられるリスクが高いことが示唆されました。
このことは、高機能自閉症児に対する支援の必要性が過小評価されている可能性を示唆します。

社会経済的資源の乏しい地域に住む自閉症スペクトラムの子どもたちは、他の自閉症スペクトラムの子どもたちよりも、いじめに遭う可能性が高いこともわかりました。
このことから、恵まれない環境にある子どもたちに対して、より多くのメンタルヘルスサポートと社会的ケアの必要性に注意を払うことの重要性が浮き彫りになっています。

オーストラリアでは、いじめ教育プログラム「Bully Zero」が、オンラインと対面式のワークショップを組み合わせて提供されています。
このプログラムは、いじめの種類、その影響など、いじめに関する情報を提供することを目的としています。
生徒、家族、学校スタッフを教育することで、いじめを防止するための専門的なリソースも提供します。

これらのプログラムは、対処法に関する有益なアドバイスを提供しています。
しかしながら、いじめの根本的な危険因子を取り上げているものはほとんどありません。

b3 自閉症の子のいじめリスク。学校でニューロダイバーシティを

ニューロダイバーシティとインクルーシブは、学校ベースのいじめ防止プログラムに統合されるべきであると考えます。
さらに、自閉症スペクトラムの子どもたちがいじめられるリスクを減らすために、学校ができることが他にもあります。

学校では,ニューロダイバーシティは違いであって,障害ではないと教えるべきです。

ニューロダイバーシティの文脈での共感についてを生徒に教えましょう。
これには、自閉症スペクトラムの子どもがストレスに対して他の子どもとどのように違う反応をするかを理解することや、自閉症スペクトラムの人の興味を変に扱うことを避けることも含まれます。

自閉症スペクトラムの年長の子どもは、年少の子どもよりもいじめにあう可能性が高くなっています。
そのため、高校でこそいじめ防止のワークショップを開催するべきです。

社会経済的に恵まれない地域の学校では、ニューロダイバーシティに特に焦点を当てたいじめ防止プログラムを確実に実施する必要があります。

発達障害を理解することは、いじめ防止環境の構築に不可欠な包容力を高め、偏見を減らすことにつながります。

(出典:THE CONVERSATION)(画像:Pixabay

異質だから排除する。

画一的なものが大量生産されるのが求められた時代には、それが否定されなかったかもしれません。

異質こそ受け入れる。

多様で希少なものが求められる今は、ますます、それが必要になります。

個人にとっても社会にとってもそのほうが創造的で豊かになるはずです。

米ハーバード大学のニューロダイバーシティ、発達障害の学生事情

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「プレゼントとねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。