発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害、自閉症の若者がスポーツメディア業界で活躍を始める

time 2022/06/21

この記事は約 5 分で読めます。

発達障害、自閉症の若者がスポーツメディア業界で活躍を始める

多くの放送局が次世代の人材を確保するための新たな手段を模索するとともに多様化しています。

米カリフォルニア州の非営利団体エクセプショナル・マインズは、自閉症スペクトラムの若者がエンターテインメント業界でクリエイティブなキャリアを積めるよう支援しており、ハリウッドだけでない卒業生の雇用機会を作ろうとしています。

米CBSスポーツネットワークでは、アダム・シューリングとマイケル・シセレリの2人の卒業生がポストプロダクションおよびメディアオペレーション担当副社長のエド・コールマンの下、メディアマネージメント部門で活躍中です。
コールマンはこう言います。

「私には自閉症スペクトラムの息子がいます。
息子はとてもクリエイティブで、アニメーションに夢中です。
そこで、スペクトラムの子どもたちのために、その分野のオンラインコースをインターネットで検索していたところ、エクセプショナル・マインズに出会いました。

彼らの組織や活動内容を調べていくうちに、これは私たちがCBS Sportsで行っている仕事の多くの多くで活躍できるのではないか、そしてできればこの若者たちに素晴らしい機会を与えることができるとすぐにわかりました」

エクセプショナル・マインズは、芸術的・職業的な可能性を最大限に発揮できるようにカスタマイズされた重要な技術・実務トレーニングを提供し、才能あるメディア専門家たちが活躍できるように包括的な育成を行っています。
より強力で包括的な社会を推進し、発達障害の人たちの視点が世界には不可欠であるという未来を築こうとしています。

コールマンは、エクセプショナル・マインズの存在を知ると、同組織のキャリア開発・人材紹介部門に連絡を取り、すぐに卒業生のリストとその専攻を入手しました。
編集、アーカイブ、デジタルメディアワークフローに興味のある候補者をピックアップし、数回の面接を経て、シュアリングとシチェッリの2人を雇用しました。

2人が入社すると、コールマンはシニア社員をそれぞれにあて、入社後の成長を見守りました。

「私たちは、よりオーダーメイドのアプローチを取りました。
メンターシップのようなモデルで、各自を当社のシニア社員の一人とペアにしました。
2人ともすぐに打ち解けたので、業務のペースを落とす必要はありませんでした。

2人が素晴らしい経験をしただけでなく、シニア社員のほうもリーダーシップを発揮し、共感し2人の若者と一緒に仕事をすることを心から楽しんでいる姿を見ることができたのは素晴らしいことです。
組織が一丸となって、この2人を助けることができたのは、素晴らしいことでした」

シューリングは現在、メディアアセットマネジメントチームで、記録のスケジュール管理、アーカイブからのコンテンツの復元、編集の補助、その他の日常業務に携わっています。
シセレリはデジタルアーカイブチームでアーカイブシステム用のテープをデジタル化しライブワークフローの日常的なサポートを担当しています。

e1 発達障害、自閉症の若者がスポーツメディア業界で活躍を始める

「エクセプショナル・マインズを利用する人たち、あるいは自閉症スペクトラムの人たちは、コミュニケーションに多少の困難があるかもしれません。

私は、どのような組織にも、スペクトラムのある人たちに機会を与え、彼らがチームに適切に溶け込むために必要なリソースを提供することをお勧めします。
そうすれば、こうした若者たちが活躍し、自分たちだけでなく、既存の従業員のレベルも向上させることができると思うのです」

コールマンはこう続けます。

「私は、絶対にまたエクセプショナル・マインズの人を採用したい。
また、スポーツ業界の他にも薦めるつもりです。

私はポストプロダクションやアセットマネジメントに重点を置いていますが、このプログラムに参加する学生の多くはグラフィックやアニメーションの仕事に非常に重点を置いているので、多くの可能性があると思います。

また、プロダクションマネジメントなどで自分の力を発揮する機会を求めている学生もいます。
その機会が必要なのです」

エクセプショナル・マインズは、採用活動で見落とされがちな学生のために、メンターシップやインターンシップ、仕事を探す活動を続けています。
メディア企業は、エクセプショナル・マインズの就職支援チームと協力して候補者を探し、社員はメンターやボランティアとして模擬面接を行ったり、企業がどのような役割を担っているか学生に話したりすることができます。

エクセプショナル・マインズは、生徒がチームの一員として働き、さまざまな仕事環境に適応できるよう、キャリア準備について生徒と協力しています。
発達障害の人と成功するためにチームを育成するための雇用者教育もパートナーに提供しています。
エクセプショナル・マインズのマーケティングヘッドのモーガン・チェスはこう言います。

「私たちの文化や産業がDEI(多様性、公平性、包括性)を重視するのには、理由があります。

米国では44人に1人が自閉症と診断されています。
自閉症スペクトラムの従業員がいることで、メディア企業はより多くの視聴者に効果的な方法で対応することができるのです」

e3 発達障害、自閉症の若者がスポーツメディア業界で活躍を始める

エクセプショナル・マインズは今年で設立10周年を迎えました。
ニッチなスキルのトレーニングからスタートしたものが、今ではほとんどのクリエイティブサービスのスキルにまで広がっています。
ソーシャルコンテンツの編集やビデオ広告からビデオゲーム環境まで、スキルを磨き、キャリアを積む準備を整えて業界へと旅立っていくのです。

シセレリとシューリングは、スポーツメディア業界で最初に職を得たエクセプショナル・マインズ卒業生であり、他の発達障害の学生にも道を拓きました。

「彼らは、アニメーションやポストプロダクション以外の分野でも自分の能力を発揮できる、在校生にとって素晴らしいお手本です。

当校の学生や卒業生たちは、デジタルアートに長けており、それは多くの産業で通用しますが、当校の学生はあらゆる種類のチームを向上させる資質を備えています。

彼らの視点と労働倫理、そしてトレーニングが相まって、一流の社員が生まれます」

(出典・画像:米SVG NEWS

自分の強みを活かして、楽しく追求し、大好きな仕事に就いていただきたいと思います。

大好きな人には誰もかないません。

発達障害がキャプテン・アメリカとアベンジャーズを支える

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「どっちなのよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。