発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症、知的障害の生徒たちが香港一流ホテルでインターンシップ

time 2022/07/18

この記事は約 6 分で読めます。

自閉症、知的障害の生徒たちが香港一流ホテルでインターンシップ

ダフネ・ジェレリン・エステバンの両親は、彼女がザ・ランドマーク マンダリン オリエンタルのペストリー部門で働くと知ったとき、喜びで胸がいっぱいになりました。

自分の娘が香港の一流ホテルで夏季インターンシップに参加できると聞けば、どんな親にとっても誇らしい瞬間ですが、このニュースは一家にとって特に嬉しいものでした。

それは、17歳のエステバンは、自閉症、言語障害、軽度の知的障害をかかえているからです。
彼女は生涯を通じてコミュニケーションに苦労してきました。

「ちゃんと話すのが難しいから、私を理解してくれない人もいる」

社会的企業「クッキー・スマイル」と、障害者向けの訓練プログラムを提供する職業訓練協議会のメンバーであるシャイン・スキルズ・センター(SSC)が共同で運営するプログラムを通じて、セントラルのランドマーク マンダリン オリエンタルでインターンをすることになりました。

「シャイニング・スター・プログラム」と呼ばれるこの試みは、ベーカリーやカフェサービス、ケータリングサービス、ファストフードオペレーションなどSSCのコースを卒業した人たちに、5つ星ホテルや老舗の飲食店で働く機会を提供するものです。

クッキー・スマイルは、シャインの生徒が将来の就職に備えられるよう、実際の厨房に入るための仲介役として活動しています。

h7 自閉症、知的障害の生徒たちが香港一流ホテルでインターンシップ

エステバンは、SSCの他の3人の学生とともに、「シャイニング・スター」として6月からザ・ランドマーク マンダリン オリエンタルで働き始め、プログラムの第1期生として8月まで働く予定です。

エステバンと聴覚障害のあるグー・シーイーは、ホテルのペストリーキッチンで働いています。
一方、知的障がいのあるリー・ホーティンと、聴覚と言語に障がいのあるクォック・カフォンは、ホテルの2つのレストラン、ミシュラン2つ星の「アンバー」とヨーロピアンカジュアル「Somm」で配膳の仕事をしています。

グーが興味を持ったのは、つい最近のことです。

「以前は、自分が何を楽しみ、何をしたいのかがわかりませんでした。
でも、シャイン・スキルズ・センターでベーカリー&カフェサービスコースを学んでから、料理を作ることが好きになりました。
ある材料を混ぜ合わせると、こんなに美しく、おいしいものができるんだと理解できたからです」

h5-2 自閉症、知的障害の生徒たちが香港一流ホテルでインターンシップ

今、グーは人生の目標を見つけたと自信を持っています。
ザ・ランドマーク マンダリン オリエンタルでは、デコレーション用のチョコレートの準備、アーモンドの選別、ゼリー用のフルーツすくいなど、日々の業務に取り組んでいます。
こうした現場での実践的な経験によって、一流の厨房における組織と衛生の水準の高さを学べたと言います。

聴覚に障害があるため、グーはいくつかの工夫をしています。
厨房では、簡単なフレーズを印刷したものを用意し、同僚が指さしで伝えたり、逆に指をさしたりすることができるようにしています。
ときには、携帯電話で単語を入力することもあります。

「補聴器もつけていますが、早口で話されると聞き取れないことがあります。
だから、もう少しゆっくり話してほしいんです」

一方、エステバンは、キッチンへの移行をスムーズに行うことができました。
大きな冷蔵庫の中のデザートを整理するのが好きで、クッキー生地を延ばしたり、デザートにフロスティングを施したりしています。

クオックとリーは配膳係として、調理器具の整理、ナプキンのたたみ方、ワイングラスの拭き方、ウェイターが出すコーヒーを持ってくるなど、キッチンスタッフやウェイターの手伝いをしています。
2人は家庭料理が得意ですが、この夏は新しいスキルを身につけようとしています。

「新しい技術を身につけたいと思ったからです」

聴覚に障害があるため、クオックはほとんど視覚を頼りに仕事をしています。

h3-2 自閉症、知的障害の生徒たちが香港一流ホテルでインターンシップ

ナプキンを正しくたたむこと、つやのある赤いカトラリーと光沢のある赤いカトラリーの区別、テーブルの番号を覚えることなど、細かい作業で苦労しているそうです。
香港の地下鉄やバスに乗っているときに、テーブルの番号を書いた紙を読んで勉強しているそうです。

リーは、おしゃべりな性格になるまでに時間がかかりました。

「幼いころは、親に心配されてほとんどしゃべらなかったんです。でも、今は話すのが好きなんです」。

ホテルで最も苦労するのはコミュニケーションですが、それは障がいのせいではありません。
英語が話せないので、同僚に通訳をお願いしているためです。
この数週間、コーヒーの入れ方も勉強しており、いずれはラテアートができるようになりたいと考えています。

h4-2 自閉症、知的障害の生徒たちが香港一流ホテルでインターンシップ

ザ・ランドマーク マンダリン オリエンタルの料理長であるリチャード・エッケバスは、4人の学生を「模範的な」従業員として高く評価しています。

「率直に言って、彼らは非常に優秀です。
これほどまでに集中し、自分たちがやってきたことをきちんとやり遂げようとする人たちは、かなりめずらしいのではないでしょうか」

また、この生徒たちを特別扱いすることは一切なかったと言います。

「彼らはチームの一員であり、同じように考えています。
何の違いもなく、完全に、シームレスにチームに溶け込んでいます。
私たちは毎日、学習スピードの速い生徒とそうでない生徒を受け入れています」

過去数年間、シェフはホテル内での社会的包摂と多様性を提唱し、メンタルヘルス教育慈善団体Mindsetや視覚障害者のためのEbenezer School & Homeなどの組織と協力して、同様のプログラムを実施してきました。

「香港には、社会から取り残され、社会復帰に苦労している人たちがたくさんいます。
それは、社会から汚名を着せられたり、そうした人たちを立ち直らせるための仕組みがうまくいっていないからです。
ビジネスとして成功するためには、このような人たちに機会を与えることが重要だと考えています」

クッキー・スマイル社の共同設立者であるジョー・スー・タンはこう言います。

「学生たちの多くは、仕事や学業で自信をなくしていると思います。
このような経験は自信につながると思います。
そして、この経験は彼らの成長を加速させると思います」

シャイニング・スター・プログラムは、より多くのホテルやレストランが参加し、成長を続けていくことが期待されています。

h2-2 自閉症、知的障害の生徒たちが香港一流ホテルでインターンシップ

現在、ザ・ランドマーク マンダリン オリエンタルに在籍する4人の生徒たちは、全員この業界に残ることを目標としています。
リーとクオックはホスピタリティの様々な側面を探求することに前向きです。
グーとエステバンはペストリーの分野で仕事を続けたいと考えています。
グーはこう言います。

「お客さまに満足していただけるような、こだわりのデザートを作りたい」

そう、ホテル勤務を希望し、エステバンは母親と一緒にフィリピンで自分のベーカリーを開きたいと考えています。

料理長のエッケバスは、このプログラムに参加することで、他の人たちが道を切り開くきっかけになればと願っています。

「私たちがこのプログラムを成功させれば、香港のどの企業も、特別なニーズを持つ人たちを参加させない言い訳ができなくなります」

(出典・画像:香港South China Morning Post

受け入れている方たち、参加している生徒さんたち。

ますます成功して、言い訳できないようにしてください。

心から応援しています。

発達障害の人たちが自信をつけ働けるホテル

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「わざとしているのか、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。