発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

話すことがなかった自閉症の青年がエルビス・プレスリーで大変身

time 2022/07/27

この記事は約 2 分で読めます。

話すことがなかった自閉症の青年がエルビス・プレスリーで大変身

自閉症の人がひとつのことに執着することはよくあることです。

しかし、自閉症のハンター・コールは母親でさえもここまでになるとは思っていませんでした。

「数ヶ月もすれば、他のことに気が向くだろうと思っていました。
しかし、そうなりませんでした」

そう母親のメアリーは言います。

e9 話すことがなかった自閉症の青年がエルビス・プレスリーで大変身 e3 話すことがなかった自閉症の青年がエルビス・プレスリーで大変身 e6 話すことがなかった自閉症の青年がエルビス・プレスリーで大変身 e4 話すことがなかった自閉症の青年がエルビス・プレスリーで大変身

最近は毎日、ハンターの頭の中は「エルビス・プレスリー」でいっぱいです。

数年前まで、ハンターはエルビスの名前さえ聞いたことがありませんでした。
しかし、地元でエルビスを真似たアーティストの演奏を聞いたことがきっかけで、虜になりました。

「本当に大好きになりました。
もう、大好きなんです」

それ以来、ハンターはほとんどすべての時間をエルビスの歌、動き、スタイルを研究することに費やしてきました。
ハンターはこれを仕事にし1年が経ちます。
もう、70回近く公演しています。

最近開かれた、エルビスのコンテストでは優勝しました。
全国大会でも、3位に入賞しています。

e8 話すことがなかった自閉症の青年がエルビス・プレスリーで大変身 e7 話すことがなかった自閉症の青年がエルビス・プレスリーで大変身 e2 話すことがなかった自閉症の青年がエルビス・プレスリーで大変身 e5 話すことがなかった自閉症の青年がエルビス・プレスリーで大変身

しかし、もっとも注目すべきことはそれらではありません。

実はハンターは長年、言葉を話すことがなかったことです。
そのために、いじめにもあい、自尊心も傷つけられていました。
それが、エルビスで全く違う人になったのです。
ハンターはこう言います。

「エルビスは、自分の居場所や得意なことがわからないと感じていました。
私がしたいことは、自閉症であってもやりたいことは何でもできるということを知ってもらうことです」

(出典・画像:米wfaa

大好きなことを見つけて、今ではそれを仕事にしている。

本当にすばらしいです

そんな出会いができるように手伝えたらいいですね。

発達障害の息子と私たち家族の生活をビートルズが変えてくれた

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「くっつけ!ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。