発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の女性の人生を最高にしてくれる毎週の乗馬が再開した

time 2022/08/29

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の女性の人生を最高にしてくれる毎週の乗馬が再開した

ニコル・ビーバーは、複雑な学習障害を持つ人々のための住宅型ケアホームで支援を受けています。
2018年にここに移ってから、乗馬はニコルの日課となりました。
30歳のニコルは自閉症で、日常生活のさまざまな面でサポートが必要です。

ニコルは新型コロナ感染拡大によって休止していた、毎週の乗馬に復帰することができました。
ニコルの姉のミカエラは、こう言います。

「ニコルはずっと馬が好きでした。
なので、週に一度乗馬に行けることは、ニコルが最高の人生を送ることに本当に貢献しています。
毎週、とても楽しかった、馬のバンビも楽しかったと私たちに言ってくれます。

ニコルへの乗馬療法は、ここ数年ニコルの健康状態を大幅に改善するのに役立っています。
ケアホームサービスの責任者、テンダイ・フンガンジェラは次のように語っています。

「ニコールは乗馬が大好きで、乗馬から多くの喜びを得ています。
乗馬が再び彼女の毎週の日課となったことは、素晴らしいことです。

ニコールは一貫したルーチンから恩恵を受けます。
毎週乗馬を再開して以来、ずっと落ち着き、不安もなくなっています。

これは、彼女のコミュニケーション方法にも役立ち、地域社会との関わりも発展させています。

u2 自閉症の女性の人生を最高にしてくれる毎週の乗馬が再開した

また、ニコルの健康状態は大きく改善されました。
乗馬のようなアクティブな娯楽に参加し、ホームでバランスの取れた食事をすることで、彼女の全体的な健康と幸福感を向上させました」

ニコールはディズニーも大好きです。
映画を見たり、ディズニーの雑誌を読んだりして楽しんでいます。
また、地元のコミュニティで時間を過ごし、ショッピングや散歩を楽しむこともあります。
ニコルはこう言います。

「また乗馬ができてとてもうれしいです。
バンビにも乗りましたし、来週が待ち遠しいです!」

(出典・画像:英Sussex World

いつも同じことをする「ルーチン」は落ち着きと安心をもたらしてくれます。

大好きなお馬にも会えるようになって本当によかったですね。

もっとたくさんの自閉症の子に乗馬療法の良さを提供する技術

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「わざとしているのか、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。