発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

いじめられた自閉症の少年は母親とアートビジネスではばたく

time 2022/09/08

この記事は約 3 分で読めます。

いじめられた自閉症の少年は母親とアートビジネスではばたく

学校でいじめられたときには、いつも絵を描いて自分をなぐさめていました。

クレイデン・ボーテスは、それをビジネスにまで高めました。
14歳のアーティストである彼は、6歳のときに自閉症と診断されたました。
母親のアントワネット・ボーテスは、グレイデンはいつもクリエイティブだったと言います。

「4歳のときには、レゴで小さな町を作っていました。

学校で子どもたちにいじめられたときに、息子は絵を描き始めました。
学校ではいじめられっ子だったので、そこから逃れるために落書きをしていました。
それで気分が良くなり、対処することができたのです」

母親のアントワネットはクレイデンが12歳のとき、いじめを理由に学校を辞めさせました。
このときに、グレイドンの才能が開花しました。

「クレイデンはいつも絵を描いていました。
グレイデンにはすごい才能があるとわかりました」

a5 いじめられた自閉症の少年は母親とアートビジネスではばたく a3-1 いじめられた自閉症の少年は母親とアートビジネスではばたく

アントワネットは、グレイデンのアートをネットで公開するようになりました。
2020年、新型コロナ感染拡大のために、アントワネットは職を失いました。
そのとき、グレイデンが描いた絵をTシャツにプリントして販売するクレイデンズ・デザインズを始めました。

「私たちは、挑戦することにしたんです。
クレイデンズ・デザインズは、少しでもお金を稼ごうと必死になって生まれたんです」

グレイデンは持ち前の才能を発揮してデザインに専念し、アントワネットはビジネス面を担当しました。
グレイデンはこう言います。

「私のビジネスだけでなく、母のビジネスでもあります。
ファミリービジネスなんです」

a2-1 いじめられた自閉症の少年は母親とアートビジネスではばたく a4 いじめられた自閉症の少年は母親とアートビジネスではばたく

読み書きができないクレイデンは、絵を描くのは独学で、トレーニングは受けていません。
YouTubeの動画を見て、アイデアやインスピレーションを得ています。

「自分の枠にとらわれないものを描くのが好きです」

マーカーやペンを使って紙に描くだけでなく、絵筆やデジタルでも行います。

「その時の気分次第です」

ウェブサイトには、グレイデンのデザインが施された衣類、寝具、キャンバスなど5000点以上のアイテムが掲載されて、世界に向けて販売しています。

今年初めには、クレイデンは限定版パッケージをデザインし、デザインコンペで優勝しました。

才能豊かなグレイデンは、大きくなったらプロのアーティストとゲーム開発者になりたいと考えています。
母親のアントワネットはこう言います。

「息子は、自分のような子どもたちに、人と違っていてもいいんだと知ってほしいと思っています。
従来のやり方ではできないからと言って、それが不可能だということにはなりません。
やりたいと思ったことは、やろうと思えばできるんです。

自閉症はただの診断です。
息子はできないことではなく、できることに集中しています」

(出典・画像:豪News24

「ピンチはチャンス」

ますますの成功とご活躍を期待しています。

自閉症の青年と母親はキッチンでビジネスを始め、夢を広げる

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「珍獣扱いされてるぞ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。