発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

9歳の発達障害の少年が不安障害にも負けず舞台でブレイクダンス

time 2016/10/07

この記事は約 3 分で読めます。

9歳の発達障害の少年が不安障害にも負けず舞台でブレイクダンス

才能ある若きダンサーが、発達障害であることに負けず、ダンス学校に通うための奨学金を得ました。
カラム・キレッジは9歳。発達障害と不安障害があります。
しかし、ストリートダンス、ブレイクダンスへの情熱で、パイナップル・ダンス・スタジオの目にとまりました。
そのダンス学校で求められ、ロンドンとストック・オン・ティーズで開かれた、2つの発達障害の才能を見出す大会で審査を受けました。
昨年の5月に、マーメイド・シアターで開かれたコンテストにカラムは初めて出場しました。
素晴らしいダンスだったため、その後の大会にスターとして招待されたのです。
チャレンジすることに不安にならない人はいません。
カラムは最若年のパフォーマーとして、9月にストックトン・アート・センターで舞台に立ちました。
母親は言います。
「招待されて、息子は飛び跳ねて喜んでいました。
息子は舞台に立つのを少し心配していました。
しかし、そうなったらみんなそうです。
発達障害のすばらしい才能がある他の人たちと一緒になって踊って、今までにない気分を味わうと思うと、本当に素晴らしいことでした。」
d1-1 9歳の発達障害の少年が不安障害にも負けず舞台でブレイクダンス
カラムは、ヘッドスピンとバックフリップで、パイナップル・ダンス・スタジオに通う奨学金を決めました。
毎週日曜日には、そこへ通っています。
土曜日には、別のダンス学校にも通っています。
「息子は必死に慣れようとしています。息子のカラムは学校や社会でいつも難しい状況にあります。
なので、一年を通じて毎週行くことができるところがあるのは、息子にとって素晴らしい機会になります。」
カラムは、1歳の時にロシア人の両親から離れ、養子となりました。
今は、学校でのダンスチームの一員にもなっています。
カラムは5歳の時にダンスをはじめました。
母親は毎週ダンス教室に連れていき、カラムのエネルギーを発散させていました。
カラムはもう趣味ではなく、情熱をもってこれからキャリアを積んでいきたいと考えています。
自信もどんどんついていると母親は語ります。
「どれだけ好きなのかが本当にわからないくらいです。すべての情熱を捧げています。
今は、本当にやりたいことをやっています。
息子は大人になったら、ダンサーやダンスの先生になりたいんです。
ダンスは息子の別の一面も見せてくれました。
自分のことをごみだと言っていた少年ではもうありません。幸せになれる少年になりました。
ダンスをしているのを見ると、何の助けももう必要なくなったように思えます。
息子のストレスも解消できているようです。」
(出典・画像:英CroydonGuardian
 
子どもの才能が発揮されているところを見れたら、親としては本当にうれしいと思います。
才能と呼べるようなものになるかはおいて、まず好きなことを見つけられて、それをどんどん追求していってほしいと思います。
絵で才能を発揮している女の子もいました。
アンジェリーナ・ジョリーも購入した少女の絵

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。