発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の少女の「壊れた」チーズバーガーを交換してくれたお店

time 2022/10/31

この記事は約 3 分で読めます。

自閉症の少女の「壊れた」チーズバーガーを交換してくれたお店

米ユタ州のあるレストランが、自閉症の少女の「壊れた」チーズバーガーを「直した」ものに取り替えて、親切なサービスをしてくれました。

アンナ・マクリーンは、妹のアリアナを連れてランチに出かけました。
すべてが順調で、アリアナもそれほど過度な刺激は受けていませんでした。

7歳のアリアナはとても喜んでいて、ウェイトレスに「私はチーズバーガーを食べるわ」と注文しました。

ハンバーガーがテーブルに運ばれてきました。
でも、アリアナは食べませんでした。

それは、チーズバーガーが半分にカットされていたためです。
これは、レストランが子ども向けには常にしていることでした。

アリアナはこう言いました。

「いらない。

このチーズバーガーは壊れている。
壊れていないのを食べたい」

レストランには難しいお願いだとアンナは思い、別に代金を払うことにして、新しいハンバーガーをウェイトレスにお願いしました。

しかし、ウェイトレスのローレン・ウェルズはそれを断り、ハンバーガーを切ったことをアリアナに謝って、店長もすぐに理解して「壊れていない」ハンバーガーをもってきてくれました。

アンナはこう言います。

「彼女はとても優しくて、アリアナと一緒に遊んでもくれました」

blank

ローレンがチーズバーガーを持ってくると、アリアナはローレンに「どうもありがとう」と言うと、
チーズバーガーに「あなたに会いたかった」とアリアナは何度も何度もチーズバーガーにキスをしました。

姉のアンナは、妹のアリアナへのこのレストランの人たちの思いやりと理解に感動し、アリアナがチーズバーガーにキスをしている写真を撮影し、Facebookに投稿しました。

そして「壊れたチーズバーガー」の写真は話題になりました。

このレストランの総支配人ハリソン・ディクソンは、自閉症の支援団体オーティズム・スピークスの会長をはじめ、全米の人々から、店長とウェイトレスのローレンの対応に感謝の電話があったといいます。

「この2人を本当に誇りに思います」

レストランに出かけただけのことが、アンナの想像をはるかに超える大きな出来事になりました。

blank

「これは妹のアリアナの物語です。
そして、これはレストランのローレン、店長の物語です。
二人は本当に優しかった」

自閉症の子どもは、常に特定のものを特定の順序で持っていなければならず、ルーチンが一つ変わるだけで、その日の流れが一瞬にして変わってしまうことがあります。
残念ながら、誰もがこのような特別なニーズを理解し、忍耐強く対応できるわけではありません。
しかし、このレストランは「壊れた」バーガーを喜んで交換してくれました。
その思いやりについての投稿が、人々を感動させました。

(出典:米Goalcast)(画像:Facebook

こうした親切が、一生忘れないありがたい出来事になったりします。

ちょこっとしてみましょう。

自閉症と摂食障害との高い関係性。これまでにわかっていること

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「占ってるよ、ねっちさん」
ねっちさん3
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。