発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

TikTokが自閉症の人を大きく助けている。しかし注意も必要

time 2022/11/03

この記事は約 6 分で読めます。

TikTokが自閉症の人を大きく助けている。しかし注意も必要

TikTokを見てみると、ハッシュタグ#Autismをつけた投稿が38000以上あり、2億回以上視聴されています。
ハッシュタグ「#ActuallyAutistic」(自閉症の人たちによって作成されたコンテンツを強調するために使用されています)は、2万件以上の投稿と4000万回以上の視聴を記録しています。

TikTokは世界有数のソーシャルプラットフォームです。
爆発的な人気を獲得しています。
若いユーザーにとって重要な表現チャネルとなっており、これには自閉症の人たちが声を届ける場ともなっています。

ある意味、TikTokは自閉症をめぐる議論を前進させ、部外者の視点を変えるのに役立っています。
しかし、本当の意味での進歩のためには、TikTokだけが自閉症の人たちを歓迎する空間になっていてはいけません。

自閉症とは何なのでしょうか?
自閉症は病気や疾患ではありません。オーストラリアでは70人に1人がもつ発達障害です。
自閉症を持つ人たちの間でもさまざまな違いがあり、すべての人が独自の課題と強みを持っています。

2017年の調査では、自閉症の人とその家族の半数以上が社会的に孤立していると感じていることがわかりました。
そして40パーセントが、自分に対する否定的な行動が心配で家から出られないと感じることがあると答えています。

t3 TikTokが自閉症の人を大きく助けている。しかし注意も必要

多くのオーストラリア人は、自閉症についてほとんど知識がなく、自閉症の人たちとの交流も限られています。

一般の人たちの態度は、ニュース報道、オンライン記事、主流の映画やショーによって形成されます。
メディアによる自閉症の描写は、一般の人たちの知識に良い影響を与える一方で、誤解を招き、偏見を高めることもあります。

メディアによる自閉症の描写は、自閉症であることを意味するステレオタイプに貢献する可能性があることが研究で明らかにされています。
例えば、「The Good Doctor」や「Atypical」といった番組は、自閉症を「高機能で社会的欠陥があり、感情的に離れた、中流階級の白人家庭の異性愛者の男性」の状態として紹介しています。

自閉症の当事者として最も気になることのひとつは、自閉症についての会話で、私たちの声がいかに疎外されているかということです。
自閉症関連の研究、書籍、映画、テレビ番組では、自閉症でない人が行っていることがほとんどです。
また、ほとんどの自閉症のキャラクターは、自閉症でない俳優によって演じられています。

2016年から2018年にかけてオーストラリアの印刷メディアに掲載された自閉症関連のニュースを調べたところ、1351本の記事のうち、自閉症の人の生の視点が含まれていたのはわずか16本でした。
1996年から2005年の間に出版された印刷物ニュースにおける自閉症の描写に関する調査では、自閉症の人は危険で制御不能、あるいは愛されておらず劣悪な扱いを受けているというストーリーが見受けられました。

TikTokは、多くの自閉症の人に、自閉症について創造的な方法で語るための待望のプラットフォームとなりました。
200万人以上のフォロワーを持つ自閉症の人もいます。
神話を払拭し、自閉症の体験の多様性を共有する機会となっています。

自閉症のユーザーにとって、次のようなプラスになることがあります。

  • 同じような人たちとつながり、孤立や孤独を感じることが少なくなる。
  • 刺激行動(反復的または異常な体の動きや音を含む自己刺激行動)など、あまり知られていない、または誤解されている自閉症の側面について、多くの人に伝えられる。
  • 私たちの情熱や興味を他の人と共有できる(#SpecialInterest)。
  • 女性における自閉症の有病率やさまざまな症状に対する認識を高められる(#AutisticGirl)。

しかし、あらゆるソーシャルメディアと同様に、TikTokも注意を払う必要があります。

最も明白なリスクは、ネットいじめです。
TikTokで「自閉症のフリ」の動画が不穏な勢いで流行していたこともありました。
この例では、自閉症でない人が音楽に合わせて、自閉症のふりをしたりすることで、人を笑わせたり、自分を奇抜に見せようとしていました。

t4 TikTokが自閉症の人を大きく助けている。しかし注意も必要

自閉症であることを「ミーム」にしてしまうことは、自閉症の私たちがかかえる困難と強みの両方を軽んじることにつながります。
自分のアイデンティティが、他人を楽しませるためのジョークとして使われることに、どれほど傷つくか、言葉では言い表せません。

これと関連して、自閉症の人を撮影した動画を他者が本人の同意なしに投稿することがあります。
いじめっ子が自閉症の人をいじめる場面であれ、ショッピングセンターで見知らぬ人が「いたずらっ子」を撮影している場面であれ、自閉症の子と嫌なことがあった親であれ、これらの動画はさらなる他者によって使用、再利用、悪用される可能性があるのです。

TikTikによるチェックも、懸念材料です。
2019年、Netzpolitik.orgは、TikTokは、「身体的または精神的状態に基づく嫌がらせやネットいじめの可能性がある」と考えるユーザーによる特定のコンテンツを抑制する方針をとっていると報じました。
これには、「自閉症」「ダウン症」のユーザーも含まれていました。
なお、TikTokの広報担当者は、これは「アプリ上でのいじめの増加に対応するために」行われた「一時的な方針」であると述べています。
いじめの最善の解決策は、いじめっ子ではなく、いじめられる可能性がある被害者の声を封じることなのでしょうか。

t1 TikTokが自閉症の人を大きく助けている。しかし注意も必要

TikTokのアルゴリズムは、個々のユーザーに高度に合わせた動画を見せます。
どの動画を見るか、どの動画に「いいね!」をつけるか、どの動画をお気に入りにするかといったユーザーの過去のやりとり、動画の情報(キャプションやハッシュタグなど)、ユーザーのデバイスやアカウントの設定に基づいて、ユーザーに見せる動画を決定しています。
つまり、ユーザーは、自分自身の視点や信念が反映されたものを見ることになります。
自閉症の人は、アルゴリズムが見せる複数の動画が唯一の現実であると信じ始め、「偽りの現実」を作り出してしまう可能性があります。

TikTokで、自閉症の人たちは、誰もが自閉症を理解し受け入れてくれる牧歌的な世界を見ています。
私たちは、自分たちに心地よい動画の世界の外に、別の世界があることを忘れてしまいます。

真に自閉症の人にとって世界を良くするためには、公共の場での自閉症の受け入れと包容を優先させることです。
自閉症の私たちは、テレビ番組、映画、本、ニュースなどにもっと自閉症の声を含めることから始め、リーダーやや政策立案者にもっと自閉症の人が増えるようにできるはずです。

(出典:豪THE CONVERSATION)(画像:Pixabay

大きなメリットがある一方で、それほどの存在になるとリスクも生じます。

TikTokに限った話ではまったくありません。

楽しむ、喜ぶ、そして注意することが必要です。

自閉症の私がショックを受けたTikTokの自閉症チャレンジ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「くつとねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。