発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の特徴をもつ学者の私が神経多様性、発達障害に思うこと

time 2022/11/12

この記事は約 7 分で読めます。

自閉症の特徴をもつ学者の私が神経多様性、発達障害に思うこと

私は神経学者です。
しかし、自分のことを知的だとは思っていませんし、そのような形容詞を自分に与えることもありません。

ただし、思考と理解の世界全体への入り口として新しいことを学ぶことは素晴らしいと思っています。
何を学ぶかも自分で決められることも、学ぶことの素晴らしさです。

私はこれまで何度か、自分の能力を妨げるようなうつ状態に陥ったことがあります。
うつは、体だけでなく心も重く締め付けられるような気分になることで知られています。
そんなとき、私は「学ぶ」という行為に助けられてきました。
今もそうです。

学習がうつに効くのは、重苦しいタールのような惰性から抜け出せないでいるときに、新しいことを学ぶと、ワクワクしたり、興味を持ったりして、うつ以外のことを感じられるようになるからではないかと思っています。

学習は、移行に深く関係しています。
無知の冷たい状態から意識や知識の暖かい状態に移動します。
この移行には、達成感もついてきます。
行き詰まりや挫折感から抜け出すために、これほど適したものはないでしょう。

blank

私は最近、正式な自閉症であるかどうかはわかりませんが、自分がニューロダイバージェントで、自閉症の特徴があることを理解するようになりました。

自閉症マネジメントの治療の世界をざっと見たところ、この分野は優れた研究が豊富に行われた後でも、まだ初期段階にあるようです。

ニューロダイバーシティ、神経多様性の中にも無限の多様性があり、専門家の間でもまだ多くの意見の相違があるようです。
自閉症の専門家が提供できる治療や不可欠な援助を軽視するものではありませんが、このような状態では、私自身についてはどのような検査も診断に役立つとは思っていません。
私は、自閉症のセラピーを受けなくても、自分の自律性を保ち、家族を養うことができるという恵まれた立場にいます。
私は自分自身をよく理解し、燃え尽き症候群になるきっかけや兆候に気づいていますし、幸運なことに、自分の人生を管理しやすくするための対処法を持っています。

発達障害の人の多くにとって、職場は大きなストレスの原因です。
私にとっても、職場は私が機能するために必要なものとどこかそぐわない、あるいは同期していないと感じる環境でした。
それでも、燃え尽きたり疲れたりするのは、仕事をすることで疲れを感じるからだと自分に言い聞かせていました。
「調子はどう?」という質問は、今でも最も聞きたくないもののひとつです。

「わからない」と正直に答えても、困惑のまなざしを向けられるだけです。

「大丈夫です。あなたはどう?」

これが正解なのでしょうが、発達障害の人はこの返事をするのが好きだとは思えません。
なぜなら、誠意のある返事ではないからです。
しかし、私の対処療法としてそう応えるようにしていました。

blank

私は会議、とくに大きな会議、自分が何か貢献しなければならないかもしれない大きな会議に対して、死ぬほど恐怖を感じていました。
とくに、自分が何か貢献しなければならない大きな会議が苦手で、大きな会議のコーディネートや議長をしなければならないと思うと、恐怖感でいっぱいになりました。
ただの聴衆でいることだけでも大変なのに、会議の進行に集中し、最新の情報を入手し、それに対応しなければならないというのは、私が処理しなければならない多くの刺激の前では不可能なことだったのです。
その結果、私は遅れをとり、苛立ちを感じ、自分は愚かだとさえ思うようになりました。

午前中のミーティングは、その日一番の憂鬱な時間帯で、苦痛を伴いました。
会議というのは、チーム内に情報を伝達し、さらに情報を必要としている人に明確な情報を提供するためのものです。
ですから、理論的には、ミーティングは仕事とはみなされないはずです。
しかし、ミーティングが仕事である理由は、マネージャーがプロジェクトの推進に必要なアカウンタビリティ(説明責任)をメンバーに与えようとするからです。

ミーティングはすぐに政治的なものになり、個人的な感情にまみれます。
発達障害の人にとって、これは耐え難いことです。
会議は、単に情報を共有するだけではなく、感情的なニュアンスと人格の層を操作します。
そして、発達障害の人の心はすぐ疲れ果て、燃え尽き症候群に向かいます。
雑談が多い会議であれば、さらに傷口に塩を塗られるようなものです。

blank

発達障害などニューロダイバーシティに対応する試みがなされ、チームメンバー個々の強みに着目し、それを活かして最大限の効果を発揮させようとする企業もあるようです。
これは、社員が苦手とする分野に注力させ、結果的に生産性を阻害するのとは真逆の素晴らしいことです。

しかし、この変革は短期的な利益の追求や、シニアリーダーや株主の不満と対立するため、こうした取り組みが当たり前には行われるようにはなっていません。
定期的な社内研修の一環としてこうした取り組みを行うだけで、「ニューロダイバース・フレンドリー」を売り込むには十分なのですが、実情は実際の結果には関心がないようです。

私は、発達障害のある社員が上司に対して、

「対処する必要があるのはわかっています。
これが私の対処法です」

と言えるようになるべきだと私は思います。
これが可能になれば、企業は有能な社員を自由に使えるようになります。

自閉症の人の燃え尽き症候群を知ったときには、私はハッとさせられました。
バラバラだった記憶が、同じカテゴリーに集約されたからです。
何度も繰り返される会議の後、友人や同僚に「頭が灰の山になったようだ」と言ったことは数え切れないほどでした。
いつも、日常生活の中で一人の時間を最大限に活用し、気持ちを切り替えてエネルギーを補給するように努めてきました。
ベッドに横たわり、枕を頭の上に置いて音を消し、光を遮り、優しい触感で圧迫することで、いつもリフレッシュしていました。

また、職場の環境は感覚を保護するのに適していません。
自閉症の人の多くがトイレで長時間休息をとるという記事を読んでも、私は驚きませんでした。
私もドアをロックし、貯水槽に向かって座り、タンクの上で腕組みをして昼寝をしたものです。

燃え尽き症候群は確かに嫌な状態です。
しかし、燃え尽き症候群になりそうなことが、私をクリエイティブに動かしているのではないかとも考えます。
私は、時間を有効に使うために自分を追い込んでいますが、この姿勢は合理的だと考えています。
生きている時間は限られていますから、経験を最大化することは全体として良いことのはずです。

燃え尽き症候群になりそうなときには、私はわくわくして、この奈落の底に自分を投げ込みたくなります。
そのとき、少し動揺し始めるのですが、アウトプットと集中力が高まり、それがクリエイティブな面で助けになるからです。
実際に燃え尽き症候群になってしまえばもっとひどいものですが、燃え尽き症候群に近づくことは私には魅惑的です。

自閉症の分野の研究は、まだ何年も苦労しそうです。

自閉症を定義するのに苦労しているうちに、自閉症を説明するための言語が拡大し、言語が拡大するにつれて、ピンポイントの定義が消えていきます。
複雑なことに、自閉症の分野の言語が拡大するにつれて、文化も生み出されます。
ニューロダイバースの人たちが経験を比較対照し、ニューロタイプの規範に対してレールを敷き、対処法をめぐって結束すると、コミュニティが形成され、コミュニティ内で共有される使用言語と自分についての中核的な見解が強化されていきます。
他の人が自分と同じような問題を共有しており、おそらくその問題に対するアドバイスも持っていることを知ることは心強いことです。

blank

しかし、それは集団の偏見を強固にし、偽情報を広めることにもなりかねません。
文化の存在は、セクシュアリティと同じように、自閉症との関係も複雑にします。
Xが自分の中に生得的、直感的に存在し、それが他人と異なる場合、

「私はXです」

と定義できます。
Xが文化にまでなると、

「Xの私」

言うようになります。
文化は、その性質上、個性を破壊するものとなります。

「ニューロダイバージェント」や「ニューロタイプ」という言葉についても、私は果たして有用なのだろうかと思うことがあります。

ニューロタイプの中にも膨大な多様性があるからです。
また、この言葉は私たちと彼らとの距離を生み出します。

私たちが自由に使えるすべての診断ツール(神経学と行動学)を使えば「違い」を定義することは可能です。
しかし、十分な数の人間を徹底的に評価したとして、一貫したものを見出すことができるでしょうか?

なぜなら、地球には80億人の人間がいて、それぞれが数十億のニューロンと数兆のシナプス結合からなる常に変化しているユニークな脳を持っているのですから。

(出典:米Psychology Today)(画像:Pixabay

当事者、専門家として、問題提起や研究、そしてご経験をますます伝えて頂きたいと思います。

一方で、うちの子のように話すことができず、これまでにかかえた問題、今かかえている問題についてさえも伝えられない発達障害、自閉症の人がたくさんいることも多くの方に忘れないで頂きたいと思います。

発達障害当事者の私が思う「ニューロダイバーシティ」の問題点

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「たーたんとねっちさん」
ねっちさん2
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。