発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症など障害のある人たちがホールで。ダンスは誰でも楽しめる

time 2022/11/17

この記事は約 3 分で読めます。

自閉症など障害のある人たちがホールで。ダンスは誰でも楽しめる

障害を持つダンサーのグループが、ホールで初めて生の観客の前でパフォーマンスを行い、固定観念を打ち破ろうとしています。
パフォーマーたちは、視力低下、自閉症、認知症などの症状を抱えながら生活しており、ダンスフロアが自分を表現する場を与えてくれると言います。

ファイナリストのアユナは、次のように語っています。

「15歳までは健康で、活動的で幸せな生活を送っていました。
車いすを使うようになった以外は、何も変わっていない気がします。
私は胸椎の脊髄に炎症を起こし、その結果、体の半分の感覚を失ってしまいました。
しかし、世界中の素晴らしい人たちに出会えたことは、とても幸せなことだと思います。
以前は社交ダンスをやっていて、ダンスフロアに戻ることをずっと夢見ていたんです。
今、私はついに成功したのです!」

blank blank

13歳で自閉症のヒシャームは、ボリウッド音楽に合わせて踊っており、伝統的な「ダンディヤ」という棒を使って練習してきました。
両親はこう言っています。

「ヒシャームは私たちの一人っ子です。
健康に生まれ、2歳までは発達に問題もありませんでした。
しかし、大きくなるにつれて、一言もしゃべらなくなることを心配しました。

息子は大きく成長しました。
息子の功績をとても誇りに思っています。
とくにダンスは、息子が自信を持ち、感情を表現するのに役立っています。
私たちは息子のパフォーマンスを見るのを楽しみにしています」

blank blank

このイベントはインクルーシブ・ダンス・カンパニーであるステップ・チェンジ・スタジオと英ウェストミンスター市議会が行っています。

「障害者の10人に8人はもっと活動したいと願っています」

そう、イベント創設者のラシュミ・ベッカは述べています。

「新型コロナウィルスにより、障害者の健康やフィットネスに関するサポートが減少し、障害者の健康やフィットネスに関する障壁が増加しました。
しかし、終息後に身体活動を再開したいと考える障害者は10人に3人以下でした。

blank blank

今年で3年目を迎えるこのイベントは、体を動かす機会に乏しく、ウェルビーイングに大きな恩恵をもたらす障害者の方々を対象としています。
ファイナリストたちが、立ったり座ったり、ジマーフレームやセンサリー小道具を使って踊ったり、音楽に夢中になる姿を見るのは素晴らしいことです。

ダンスは誰もが楽しむことができるものです。
このような取り組みが、踊れるのは限られる人たちという認識を覆し、素人からプロフェッショナルレベルの人まで、ダンスは楽しめるものだと知ってもらえればと思います」

(出典・画像:英itv

誰かに見せるということはありませんでしたが、うちの子も小さなころから好きな音楽がかかると、大きな笑顔でノリノリで踊りだします。

見ているこちらも本当に楽しく幸せになります。

自閉症の困難に役立つ。「ダンス」の脳を同期させる効果の研究

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「通だね、ねっちさん」
ねっちさん3
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。