発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子たちに友達も。米ニューヨーク交通博物館の取り組み

time 2022/11/30

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の子たちに友達も。米ニューヨーク交通博物館の取り組み

放課後、子どもたちは電車に囲まれて喜んでいます。

「線路と博物館には100年以上の鉄道の歴史があります」

そう、米ニューヨーク交通博物館のコンチェッタ・ベンシベンガ館長は言います。

この博物館は、ブルックリンの地下にある元地下鉄の駅を利用しています。

「私たちは実際に1904年の車両に座っているのです。
木製の車体です。私たちのコレクションの中で最も貴重なものの一つです」

blank

このコレクションは、博物館のユニークな「地下鉄探偵プログラム」で触れることができます。
参加する子どもたちは皆、自閉症スペクトラムの子どもたちです。

「たくさんの鉄道好きな人たちが交通博物館にやってきます。
そして、発達障害の人も多いことに気づきました」

そう、博物館の特別教育マネージャーであるサラ・トムソンは言います。

米国CDCによると、2000年には自閉症スペクトラムの子どもの数は150人に1人でした。
しかし、現在では44人に1人です。

自閉症スペクトラムの多くの人が、電車や交通システムに特別な魅力を感じていることは、長く研究者の間では知られていることです。

ベンシベンガ館長はこう言います。

「私たちにとって、ニューヨークの地下鉄の路線図を完全に記憶している6歳児に出会うことはめずらしいことではありません。
私たちは、ここに来てください、ここはあなたのための場所です、そう思っています」

そこで博物館は、発達障害の子どもたちのために、寄り添ったプログラムを作ることにしました。

「博物館は、2人の自閉症専門家と協力して、現在の『地下鉄探偵プログラム』を作りました」

blank

ダン・マーウィットの息子さん、フランクも「地下鉄探偵」となりました。

「このプログラムを考えた人は天才です」

そう、フランクは言います。
10週間に渡る「地下鉄探偵プログラム」は、自閉症の子どもたちが、鉄道への情熱を共有し、互いに心を通わせることを目的としています。

「実際にある場所に行って、誰かと一緒に過ごすのはすばらしいことです」

そう父親のダンは言います。

新型コロナウィルス感染拡大の頃は、多くの子どもたちが家に閉じこもり、孤立しました。
人と一緒にいることは不可能でした。
とくに自閉症の子どもを持つ家族にとっては難しい状況でした。

しかしその時期でも、この博物館は、「地下鉄探偵プログラム」をオンラインで全米の子どもたちに提供しました。
同博物館は、全米の他の鉄道博物館にも同様のプログラムを始めるよう助言しています。

blank

現在、ニューヨーク交通博物館では地下鉄の中で友情が育まれています。
博物館の特別教育マネージャーのトムソンはこう言います。

「これが私たちが望んでいることです。
私たちは、このような関係が生まれることを望んでいます。
そして、このプログラムを修了した後も、お互いに連絡を取り合っているという話を聞いて、
とてもうれしくなります」

フランクとダンのような親子にとって、子どもの参加はとても大きな意味を持ちます。

「息子はここに参加するだけでなく、よく他の子どもたちを誘って遊んでいます。
『さあ、はじめよう!』って。
息子はここが自分たちの場所だという意識を持っているようです」

(出典・画像:米wtvr

自分が大好きなことを同じく大好きな人たちと集える。

友だちになれる最高の機会です。

夢中になって、友達もできる、最高の博物館ですね。

コスプレをすると障害を忘れて自分を表現でき、友だちもできる

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「珍獣扱いされてるぞ、ねっちさん」
ねっちさん1
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。