発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の人向けハイキングコース「こうした場所を探してた」

time 2023/01/21

この記事は約 5 分で読めます。

発達障害の人向けハイキングコース「こうした場所を探してた」

米ニューヨーク州北部にあるハイキングコースが、発達障害の人たちを歓迎していることで称賛を集めています。

レッチワース州立公園に2021年10月にオープンした全長1マイル(約1.6Km)の「自閉症ネイチャートレイル(ANT)」は、発達障害の人たちのために特別に設計されたものです。

ループに沿って8つのステーションが設置されたこのトレイルでは、静かな関わりから活発な探索や冒険まで体験できます。

設立者は、このトレイルが米国初の自閉症に特化した屋外アトラクションであり、発達障害の人のために特別に設計された世界初のトレイルの一つであると考えています。
米ニューヨーク州公園管理局長のエリック・カレシードはこう言います。

「ANTは、アウトドアへの障壁を取り除くのに役立ちます。
目標は、誰もが野外レクリエーションがもつ身体的、感情的、社会的なメリットを体験できる、安全で包括的な空間を屋外に提供することです」

ANTは、発達障害の孫を持つ友人たちの会話から生まれました。
ローレン・ペンマン、ゲイル・サーベンティ、そして故スーザン・ハーンシュタインは、発達障害神の子どもたちが利用できるリソースが限られていることについて、長い間語り合っていました。
そして、自閉症やADHDの子どもたちが、どんな状況でも歓迎されるような場所、つまりすべての人のための自然観察路を作りたいと考えました。
そして、自分たちのことを「ANTおばさん」と呼ぶようになりました。

2014年10月、ANTおばさんたちは、ニューロダイバーシティの専門家にメールを送り始め、より広いコミュニティに対象を広げました。

まずメールは、米コロラド州立大学の動物科学教授で、自身の自閉症について広く語る著名なテンプル・グランディンに送られました。
が驚いたことに、グランディンは返信してくれました。

「彼女は、トレイルをループ状にして訪問者に安心感を与えること、標識の頻度を高くして一貫性を持たせ、誰も迷うことがないようにすること、という重要なアドバイスをくれました」

そして次に、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、特別支援教育者など、17人のボランティアで構成される臨床顧問団を結成しました。
そして最後に、車椅子の来場者がアクセスしやすいトレイルを実現するために、デザイナーを探しました。

ロードアイランド大学助教授で、神経障害者の支援とコンサルティングを行うAutism Level UPグループの共同ディレクターであるジャクリン・フェデは、ANTデザインチームの一員として、発達障害の人を含む多様な諮問委員会が、トレイルを本当に歓迎するものにするために役立ったと言います。

「ある集団のためにデザインされたものは、その集団によってデザインされるのがベストです。
彼らは自分たちのニーズや好みを知っています」

そう、自閉症のフェデは言います。

blank
アウトドアは多くの自閉症者にとって特に快適です。
なぜなら、パターンがあり、論理があり、人工的な環境がそうでないもの、それ以上のものがすべてあるからです。

現在、トレイル沿いの石の岩は、道案内のために役立っています。
周囲には8つの支柱があり、ハイカーはさまざまな感覚を刺激されるような体験をすることができます。

「リフレクション・ノール」ステーションには、ブラックチェリー、ホワイトパイン、トネリコ、サトウカエデの樹冠の下にある岩が円形に並んでいます。
別のステーションでは、走ったり、ジャンプしたり、登ったり、バランスを取ったりするための木製の要素が、身体的な触覚を刺激します。
「ミュージックサークル」ステーションには、車椅子でも利用できるステージ、自然をモチーフにした楽器、そして聴覚や感覚を必要とする来場者が周囲の騒音を気にせず遊べるゾーンが2つ設けてあります。

ミュージックサークルは、ニューヨーク州バタヴィア近郊に住む27歳のキアン・アン・チュアのお気に入りスポットです。
、介護者や家族と一緒にこのステーションを訪れています。

「ANTにはドラムのコーナーがあり、手やスティックで叩くことができます。これを演奏すると、キアンはとても喜びます。
長年、息子が快適に過ごせる場所を探してきました。
このような素晴らしい場所があることを知り、とてもうれしく思っています」

そう、母親のアリソンは言います。

ペンマンは、トレイルの路面に変化を持たせることも重要だと説明しています。
たとえば、メイントレイルは石粉で舗装され、スパー・トレイルは主に木質繊維で構成されています。

「メイントレイルから離れると、路面が変わっているのがわかります」

グラディンがこのデザインを提案したのは、ユーザーがそれぞれの体験に参加したり、参加しなかったりできるようにするためでした。

「このディテールは微妙なものですが、発達障害の人たちにとっては大きな違いなのです。
このようにすることで、この施設をすべての人のための自然遊歩道になっています」

将来に向けて、アウトリーチ活動にも注力されています。
ブリタニー・ジョンソンは、このトレイルの「センサリー・デスティネーション・コーディネーター」として、地元企業に自閉症やその他の発達障害について啓蒙する仕事をしています。
もし地域社会がニューロダイバージェンスの訪問者を受け入れる方法を理解すれば、ANTの包括的な性格を拡大し、増幅させることができるといいます。

地元の学校で特別支援教育の教師も務めるジョンソンはまた、絵のメニュー、ノイズキャンセリングヘッドフォン、フィジェットなどのツールを企業に提供しています。

「この役割によって、私のライフワークがつながりました。
学校だけでなく、地域社会でも生徒を教育し、機会を提供することができるようになったのです」

ペンマンとサーベンティも、ともに元教育者で、このANTが国内外での同様のプロジェクトのモデルとなることを望んでいます。

「自然は偉大です。
もし、自然の中に誰もが参加できるスペースを作ることができれば、発達障害の人たちをもっと受け入れることができるようになります」

(出典・画像:米Siera

発達障害の人たち、家族が周りを気にせずに楽しめる場所。

どんどん増えてほしいですね。

知的障害、発達障害の人にも犬の散歩がまわりとの交流に役立つ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「ジャングルねっちさん」
ねっちさん1
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。