発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症と摂食障害:難しくなって1日1食が2年間続いた女性

time 2023/03/01

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

自閉症と摂食障害:難しくなって1日1食が2年間続いた女性
  • 自閉症と摂食障害の関係はどのように研究されているのか?
  • 自閉症と摂食障害を持つ人が特に注意すべき徴候は何か?
  • 自閉症と摂食障害を持つ人に対して最適なケアやサポート方法は何か?

米ニューヨーク市在住の32歳の演劇アーティスト、セレン・ソネルは、果物や野菜だけでなく、固くカリカリした冷たい食べ物も嫌いでした。

食物嫌悪は、自閉症スペクトラム障害 (ASD) を持つ人々、特に子どもたちの間でよく見られます。

大学の4年生になったとき、ソネルは学校生活のプレッシャーで、多くのことに気を取られました。
自分の生活の中で簡単ではない、努力を必要とすることは避けるようになりました。
食事の準備もそうで、1日1食しか食べなくなりました。

「その結果、痩せました。
うれしくなりました。やみつきになりました」

これまでの研究によれば、自閉症と摂食障害は重なることが示唆されています。

女性の一般人口のわずか1パーセントと比較して、拒食症の女性の約20〜35パーセントが自閉症の診断基準を満たしていました。
自閉症と他の摂食障害(過食症など)の間にも同様の相関関係が存在します。

「私たちが自閉症の人に発見したことは、摂食障害の可能性は幼少期に始まることが多く、そのままにしておけば、通常は大人になっても続くということです」

セラピストで公認行動専門家のサニー・キャッシュはそう言います。

子どもたちは、特定の食べ物が単に不快であると感じて避け始めるかもしれませんが、これを早期に管理しないと、摂食障害に発展する可能性があります。

摂食障害は自閉症の人によく見られ、定型発達の人たちとは異なる形で現れることがあります。
自閉症と摂食障害または摂食障害の両方を持つ人たちに最高のケアとツールを提供するには、効果的な治療と回復に不可欠です。
そのため、これらの違いを理解することは重要です.

自閉症の人は、感覚が敏感で、感情を処理するのが難しいため、圧倒されたり、刺激を受けたりする傾向があります。

「摂食障害はこれらの感情を抑える方法の結果である可能性があります」

そう、公認臨床心理学者であるコリー・ゴールドバーグ博士は言います.

「自閉症の人は、仲間やより広い社会にうまく溶け込むために、マスキングとして知られている自分にとって不自然に感じる方法で行動する必要があるという認識を、ずっともつ可能性が高くあります。
自分の本能を否定し、他人の快適さを優先するというこのプレッシャーは、自分のニーズに気づき、健康的な方法で対応する能力の低下に寄与する可能性があり、それは食べ物や自分の体との関係にまで及ぶ可能性があります」

セラピストであるミシェル・ハントはこう言います。

「摂食障害に対する私の考えを伝えると、くすくす笑う自閉症の人がいます。
これは、彼女が摂食障害を真剣に受け止めていないと考えられがちですが、そうではありません。
実際には、摂食障害の考えが感覚過負荷を引き起こし、くすくす笑うことでそれに対処しているのです」

自閉症のもう 1つの一般的な特徴に「ルーチンを守ること、強いこだわり」があります。
キャッシュはこう言います。

「年齢に関係なく自閉症の人にとって、食べ物との健全な関係を築くには、自閉症の人によく見られる食生活への嫌悪感や消化器系の問題を引き起こさない健康的な食事を見つけることが必要になる場合があります」

摂食障害の徴候の中には自閉症の徴候に似ているものがあるため、自閉症の人の特定の症状を意図せず見落としがちです。

「体重の変動、月経不順、めまい、失神、常に寒さを感じる、脱力感、疲労、は自閉症スペクトラム障害を持つ人にとって無視されるべきではありません」

そう、Veritas Collaborative 摂食障害治療センターおよび The Emily Program の小児および思春期医療部門の副社長アンナ・タナー医学博士 は言います。
それを念頭に置けば、自閉症と摂食障害を持つ人にとって、両方を完全に理解している専門家と協力することが理想的です。

1日 1食の習慣を始めてから約 2年後、ソネルは自分の食事が乱れていることに気づき、よりバランスの取れた方法で食事をしようとし始めました。
ソネルはストレスを軽減するために学校をやめました。

「適切な食事の計画と食料品の買い物のための余裕ができました」

ソネルは乱れた食生活について、セラピストと一緒にこれから改善していきます。
また、自閉症の特徴の 1 つである秩序への欲求を利用した対応にも取り組んでいます。

「私の脳は厳密な構造を渇望し、それを喜びます。
なので、朝食、昼食、夕食を決まった時刻にとるようにしました。
また、自分にとって安全な食べ物、味と食感が基本的に私にとって心地よいものを身近に置いておくようにしています。

すぐに頼りにする食べ物は、私がずっと好きなものと変わっていませんが、今では本当に料理を楽しむこともできるようになりました。
新しいレシピを試したり、新しい食べ物にチャレンジすることもできるようになりました」

自閉症の有無にかかわらず、誰にとっても食事は大事です。
それは感情的で精神的な旅です。
食事の問題からの回復は継続的なプロセスです。

「私は、回復したと言えるかどうかはわかりませんが、より幸せで健康になりました。
減量よりも食事と満腹感を選択できるようになりました」

(出典:米WELL+GOOD)(画像:Pixabay

自閉症と摂食障害との関係性はこれまで多くの研究で伝えられています。

知っておいてください。

うちの子は、小さかった頃はすごく偏食でしたが、今は何でも食べるようになりました。食べすぎに注意です。

自閉症と摂食障害との高い関係性。これまでにわかっていること

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。