発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

失業し51歳で自閉症と診断された父親が起業。今が最高!

time 2023/10/03

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

失業し51歳で自閉症と診断された父親が起業。今が最高!
  • 現在の暑い倉庫での作業が、アッシュ・リンドナーにとってどんな意味や喜びをもたらしているのか?
  • 自閉症と診断されたことが、リンドナーの人生にどのような影響を与えたのか?
  • 自閉症スペクトラム障害の診断や理解が、彼の家族関係にどのような変化をもたらしたのか?

ある倉庫、その中は熱帯の太陽の下でサウナのように暑くなります。
そこで、54歳のアッシュ・リンドナーは、自転車パーツに埋もれています。
今までの人生で、一番良い気分だとリンドナーは言います。

「ここはまるでジャングルです」

リンドナーは、曲がったホイール、古びたタイヤ、錆びついたチェーン、ブレーキ、ギアカセットのカオスな迷路に足を踏み入れます。
崩れかけた自転車のフレームの山を指差して言います。

「これらはこれから変身を待つ子どもたちです」

混沌の中で、錬金術が生まれます。
倉庫の前では修復された自転車が太陽の光を受けて輝き、ギアシャフトはひりひりと音を立てます。
リンドナーが51歳で自閉症スペクトラム障害と診断されたとき、彼の人生も変容しました。

「自閉症だと知ったとき、独力で、自分で働くことを決めました」

リンドナーは2019年にガス産業での長いキャリアの後、仕事を失いました。
妻と2人の子どもを支えなければならないのに、自分を拒否された気持ちに陥りました。

「自分の孤独感に対するセラピーや、風を感じる、運動するために自転車に引き寄せられました」

リンドナーは、古い自転車やパーツを道路脇、ゴミ捨て場、寄付から集め始めました。

「自分で修理できると思ったんです。
それからどんどん活動が広がっていきました」

すぐに彼の家は古い自転車パーツでいっぱいになりました。
リンドナーの妻はイライラして、働く機会を見つけるよう要求しました。
それがリンドナーの「バイク孤児院」の誕生につながりました。

リンドナーはラジオを聴くことが好きで、トニー・アトウッド教授が自閉症スペクトラム障害について説明しているのを聞いて、ひらめきがありました。
ジャンパーの不快なかゆみ、エコラリア(ランダムに言葉を繰り返すこと)、そして孤独感は、リンドナーが子どものころから抱えていた特徴的な症状でした。

「すぐに、自分を調べるべきだと思いました」

時間と費用がかかりましたが、自閉症と診断されたことで、それが自分の人生を全く新しい視点で理解するのに役立ったと信じています。

「振り返ってみて、これが理解できなかった理由だと思えます。
本を理解することは得意でしたが、人を理解することはできませんでした」

リンドナーの経験はユニークなものではありません。
オーストラリア統計局の最新データによれば、2015年から2018年にかけて、自閉症の診断を受けたオーストラリア人の数は25パーセント増加し、2015年の16万4000人から2018年の20万5000人に増加しました。
豪グリフィス大学自閉症センターのシニア講師であるケイト・シンプソン博士によれば、自閉症への認識の向上と、向上したスクリーニングと評価ツールにより、自閉症の早期診断が増えています。
シンプソン博士はこう言います。

「口コミでは、とくに女性の成人の診断が増えているようです。」

Living on the Spectrumの創設者兼ディレクターであるアニタ・アハーンは、神経多様性の認識は増えているが、診断を受けるための障壁は依然として大きいと述べています。

「精神科医や心理学者の待機リストは最大2年に及ぶことがあります。
診断にかかる費用の金額はまちまちで、数百ドルから3000ドルです」

しかし、診断を遅らせることはその人に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

「人生の後になって診断される成人は、早期診断と介入の機会を逃して、一生のトラウマと精神的な健康の課題に直面することが多くなっています」

リンドナーが自閉症と診断されたとき、彼はその状態についてできる限り多くのことを学ぼうと決意しました。

「これは私の人間関係のためのロードマップを提供してくれました」

自閉症と診断されることで、彼の妻や子どもたちとの関係を理解し、彼も家族も救われました。

例えば、彼の子どもたちに、なぜ彼が仕事に没頭して彼らを無視しているように見えたり、混雑した環境で圧倒されたりするのかを伝えることができるようになりました。

「私の子どもたちには、『俺はこれを持っている、お前たちは持っていない』と言うのが好きです」

「パパはちょっと違うんだ。
混雑した騒々しい学校の行事やリハーサルに行きたくないだけだ。
お前たちが嫌いだからではないよ」

代わりに、リンドナーは子どもたちとの別の方法で繋がることを重視しています。

「家ではたくさん笑いがあり、馬鹿なことや冗談がたくさんあります」

彼の妻、アユも、自閉症の理解が結婚と家族を変えたと同意します。
彼女は言います。

「彼の特異な習慣や癖が私たちの関係にストレスを引き起こしていたことを説明するのに役立ちました」

リンドナーは、忙しい社交的な状況でも、もはやアルコールを頼りにしないと言います。

リンドナーの「バイク孤児院」は繁盛しています。
リンドナーは障害を持つ人や地元の慈善団体に修復された自転車を寄付することも重要視しています。
そして、1980年代の鋼鉄製自転車を修復する情熱を楽しんでいるリンドナーには、自分の仲間もできてきました。
彼は微笑みながら言います。

「共感してくれるオタクたちがたくさんいるんです」

(出典・画像:豪abc

ご苦労を乗り越え、今はうまくいって、本当に良かったです。尊敬します。

ますます、家族みんな楽しく、ご活躍されることを願っています。

パイロットになりたかった自閉症の女性がドローンで活躍、起業

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。