発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の人たちが利用しやすい施設づくりのためのガイド

time 2023/12/21

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

自閉症の人たちが利用しやすい施設づくりのためのガイド
  • 1. 自閉症の人たちがコミュニケーションを取る方法や環境に影響を与える要素は何か?
  • 2. 自閉症の人たちやその家族が施設やアトラクションを利用する際、スタッフや環境にどのような配慮が必要か?
  • 3. ウェブサイトや施設内の案内が、自閉症の人たちが快適に利用できるようにするためにどのような情報や工夫が必要か?

イギリスには70万人以上の自閉症の人たちがいます。
しかし、彼らのニーズを理解する施設やアトラクションを見つけるのは簡単ではありません。

しかし、施設を自閉症の人たちやその家族にとってよりアクセスしやすくするために、いくつか簡単なステップを踏むことができます。

自閉症は、人たちがどのようにコミュニケーションを取り、世界と相互作用するかに影響します。
自閉症の人たちは、しぐさや声のトーンなど、言葉と非言語の両方を異なる方法で解釈します。

お客様対応のスタッフが自閉症の認識のトレーニングを受けることを検討し、彼らが自閉症のお客様をより理解し、訪問時に必要なサポートに自信を持てるようにしましょう。
スタッフチーム内に自閉症の専門家を作ることも、他のスタッフへのサポートを強化します。

自閉症のトレーニングを受け、適切な調整が何であるかを理解しているスタッフメンバーが、必要なときに助けを求めるために訪問者に容易に識別できることを確認しましょう。

施設に関するできるだけ多くの情報を、事前に提供することは、期待を管理し、不安を減らし、計画に役立ちます。
施設のレイアウトの詳細は、さまざまなアクセシビリティ要件を持つ人たちにとって重要ですが、特定の環境要素(騒音、照明、大規模な群衆など)は、自閉症の訪問者にとって挑戦的または混乱する可能性があります。

ウェブサイトも使いやすく、以下のようなものを提供していることを確認してください。

・施設と展示会の写真やバーチャルツアー
・混雑している時間と空いている時間についてのアドバイス
・提供できる合理的な調整に関する情報
・合理的な調整を依頼する必要がある場合や質問がある場合の連絡方法

各ページやセクションに情報を詰め込みすぎず、大きなセクションを明確に分割して表示することを心掛けましょう。

自閉症の人を案内するのを助けるために、地図、サイン、指示などの視覚情報を提供し、使用される言語がシンプルで、要点を得ていて、明確であることを確認してください。

大きなスペースをナビゲートするのは難しいかもしれませんが、トイレの場所、出口への行き方、静かなスペースの場所、手助けを提供しているスタッフメンバーがどこにいるかを知ることで、自閉症の人たちは不安を管理するのに役立ちます。

・建物内の目立つ場所に、重要な場所の方向や現在地を示す明確なサインを設置してください。
・入り口で地図を提供するか、訪問前に(オンラインで)アクセスできる地図を用意し、持参できるようにすると役立ちます。

必要に応じて助けを求めるべき人についての情報も含めてください。

自閉症の人にコミュニケーションの好みについて尋ね、オプションを提供する(可能な場合)ことは良い実践です。
たとえば、その個人が口頭でのコミュニケーションを好むか、書面でのコミュニケーションを好むかを尋ねることです。

ときには、自閉症の人たちは「情報過多」を感じ、それをすべて整理するために少し時間が必要です。
これを処理時間と呼びます。
誰かと話している場合は、1分待ってください。
情報が利用可能でアクセスしやすくても、自閉症の人たちがこれを処理するのに時間がかかる場合があります。
スタッフや他の訪問者はこれを考慮するべきです。

できるだけ単純に1つの質問をし、待ってください。
それでも反応がない場合は、言い換えてみるか、書き留めてみてください。

自閉症の人たちは異なるコミュニケーション形式を持っていることを理解することが重要です。
一部の自閉症の人たちは非言語的であったり、断続的な発話をすることがあります。
話している内容を、話し言葉、絵、または書き言葉で伝えることも良い実践です。

多くの自閉症の人たちは感覚の違いを持っており、異なる感覚刺激(例えば、光や音)に対して過敏または鈍感になることがあります。
これは良いことになることもありますが、苦痛や不快感を引き起こすこともあります。
環境を調整し、感覚過負荷のリスクを最小限に抑えるためのさまざまな方法があります。

・建物内の照明の明るさを減らす。これは、調光や可能な限りの消灯を通じて行うことができます。これは、全建物に適用することが不可能な場合は、特定のエリアに限定してもよいです。

・サングラスのような感覚ツールを提供する。

・バックグラウンドミュージックの音量を下げる。これは、全施設か、または明確に表示された特定のエリアで行うことができます。また、特定の時間帯に特に騒がしくなる可能性があるエリアについても表示することができます

・トイレエリアで騒がしいハンドドライヤーに代わる選択肢を提供する。たとえば、紙タオルなど

・子どもから大人まで使えるヘッドホンや耳保護具を顧客が利用できるようにする。

・ウェブサイトなどで、自閉症の顧客に、どの時間帯が静かで、どの時間帯が混雑しているかを知らせる。
混雑時には、可能であれば、通常の営業時間外に顧客を受け入れることを検討する。例えば、早朝や夜遅くに開店するなど

・適切であれば、自閉症の顧客用に優先通行システムを使用する。これにより、不安や感覚過負荷を引き起こす可能性のある列や大群を迂回することができます。英国立宇宙博物館はこのようなシステムを持っています

・現在どのように温度を監視しているか、および建物全体で温度を調整できる方法を評価する

・ウェブサイトに地図を掲載する。事前に準備し、訪問前に慣れるのに役立ちます。自閉症の人たちは、多くの場合、ショップや店、博物館などを訪れる前に事前に準備をすることを好みます。これにより、彼らの不安レベルが減少します。

・可能であれば、特に明るい部分や騒がしい部分を示す感覚マップを作成する。

・訪問中に少し休憩が必要な人たちのために、指定された静かなスペースを用意する。

 

自閉症の人たちからのフィードバックを集める方法を見つけることは、変更を行う際の参考になります。
地元の自閉症の人の支援団体や特別支援学校、または親のサポートグループに連絡してみることもいいでしょう。

(出典:英MUSEUMS+HERITAGE ADVISOR)(画像:たーとるうぃず)

自閉症の方や感覚に問題をかかえる方、みんながますます楽しめるようなこうした配慮は本当にありがたく思います。

実践してくださる施設が世界中に広まっていただけると幸いです。よろしくお願いします。

自閉症の子どもと家族が毎月楽しめる「夜の博物館」イベント

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。