発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症など発達障害や知的障害の人のための先進的な住居。インド

time 2023/12/26

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

自閉症など発達障害や知的障害の人のための先進的な住居。インド
  • 自閉症やその他の障害を持つ子どもや大人向けに設計された住宅は、どのような特別な施設やサービスを提供するのか?
  • このような特別な住宅プロジェクトは、どのように家族や親のニーズに応えているのか?
  • 将来的に親が亡くなった場合、障害を持つ子どもや大人がどのように支援され、生活することができるのか?

インドの都市、プネーにある不動産開発会社のパランジャペ・スキームズは、特別支援を必要とする子どもとその家族のために考えられ、設計され、開発された住宅不動産のプロジェクトを立ち上げました。

同社のマネージングディレクター、シャシャンク・パランジャペによれば、自閉症スペクトラム障害、知的障害、脳性麻痺、ダウン症を持つ子どもたちは日常生活においてさまざまな課題に直面しています。
そのため、親たちが同社に対して、こうした家庭向けに高齢者住宅や介護住宅のコンセプトを再現するよう求めてきました。

「いくつかのプロジェクトは単なるコンクリートの建物を超え、心と魂を込めて作られるものです。
これもその一つです」

インドでは1800万人が自閉症をかかえ、それは発達障害の中で第三位の多さとなっています。
誇りパランジャペは、国内のすべての都市でこのようなプロジェクトが必要だと言います。

パランジャペ・スキームズの特別プロジェクト部門は、プネーのブーガオンにある、障害を持つ人たちのためのインド初の専用住宅「スワニケタン」の予約を開始しました。
これは300億ルピー(約513億円)のプロジェクトで、12階建ての2棟からなるゲート付きコミュニティで、240以上の部屋があります。
2LDKは約7500万〜8000万ルピー(1.36億円)、3LDKは約9000万ルピー(1.53億円)の価格帯です。

このプロジェクトの特徴は、セラピー、介入センター、デイケア、職業訓練、屋内外のレクリエーションセンター、特別な子どもたちに必要な感覚庭園やプールなど、あらゆる種類の施設を備えたサポートセンターを共有することです。
これらがすべて一つの屋根の下にあります。

パランジャペによれば、同社は親たちと密接に協力して、プロジェクトの概念から設計、開発、宣伝まで行ってきました。
親たちは、自分たちの子どもの特定のニーズに対応するため、住宅の管理と運営において重要な役割を果たします。

同社はまた、自閉症フォーラムと慈善団体のサードと手を組んで、「タランガン」という組合を設立しました。
これは、このスワニケタンの管理と運営を監督するためのものです。

予約が正式に開始される前ですが、すでに約70の家族が事前予約を行っています。
このプロジェクトの住宅は常に、障害を持つ子どもまたは大人がいる家族に販売されます。

親が亡くなった場合、住宅は売却され、その収益は子どもの名前で作成された信託に入れられます。
これにより、子どもの生涯にわたる生活、医療、介護者のコストが賄われます。
親がいなくなった後、子どもたちは同じキャンパス内にあるプロジェクトの一部であるホステルに移ることができます。

他にも包括的な住宅を作る試みがあります。

デリーNCRでは、Action For Autism(AFA)が、自閉症スペクトラム状態および発達障害を持つ人たちのためのアナンダを設立しました。
これは、親が歳をとるか亡くなったときに長期的なサポートを提供するグループホームであり、家族が短期間子どもを預ける必要がある場合(家族内の医療事情、旅行、または単に家族から離れる休息が必要な場合)に利用できる短期間の滞在サービスを提供します。
アナンダでは、トレーニングサポートと職業活動を備えた家族のような環境のコミュニティの中で生活することができます。

コバイケアは、障害を持つ人たち(自閉症、ダウン症、脳性麻痺)が親と一緒に暮らせるように、リタイアメントコミュニティ内に住宅を持っています。
親が亡くなった後は、コバイアケアトラストが彼らの世話をし、快適に暮らせるよう支援します。

非営利団体エカンシュの創設者であり、多様性、包摂、アクセシビリティのコンサルタントであるアニタ・アイヤー・ナラヤンは、知的および身体的な挑戦を持つ成人のために、もっと多くのこのような住宅が必要だと言います。

「私たちは彼らのためにどこかに行く場所があるかという多くの問い合わせを受けます。
裕福な人たちには行く場所がありますが、中流階級や貧しい人たちは自分たちのために安全でまともな住宅を見つけるのに苦労しています」

(出典:印FINANCIAL EXPRESS)(画像:たーとるうぃず)

中国を抜いて、今や14億人の世界一の人口を誇るインド。

その規模だけでなく、先進的な取り組みに、目を見張るものがあります。

自閉症の人たちが利用しやすい施設づくりのためのガイド

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。