発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症など障害のある観光客の市場規模が急成長「9兆円」見込み

time 2024/01/22

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

自閉症など障害のある観光客の市場規模が急成長「9兆円」見込み
  • 旅行先が障害を持つ人々にとってアクセス可能かどうか?
  • 障害者向けのアトラクションやプログラムはどのように提供されているか?
  • 観光業界内で障害者の旅行体験の改善に取り組む団体や取り組みは?

世界中で多くの旅行先が、障害を持つ人たちが未開拓の重要な観光客になることに気づき始めています。

アメリカ・インディアナ州フォートウェインにあるプロムナードパークに到着すると、数時間たっても、ジュリー・ララメと彼女の家族はまだその場にいました。
7歳の息子、ヴァインは脊髄二分症で生まれ、車椅子を使っていますが、他の子どもたちと一緒にスプラッシュパッドで遊んでいました。

この経験は、家族が旅行を計画したときに望んでいた通りのものでした。
とくに、ヴァインが障害者向けのアトラクションを利用できるようにこの目的地を選んだからです。

彼らが他のレクリエーションエリアを訪れたときは、いつも短時間で終わりました。
なぜなら、ほとんどの施設では障害者向けの機会が限られているからです。
しかし、プロムナードパークには、アクセスしやすい機能が複数あります。
ここは、包括的なデザインでいくつかの賞を受賞しています。

世界保健機関(WHO)によると、世界中の人々の6人に1人が重要な障害を持っています。
移動に困難をかかえる障害だけでなく視覚と聴覚の障害や、自閉症など、認知的な挑戦と神経の多様性、感覚的および感情的な障害、そして精神疾患の人たちも含まれます。

アメリカの団体であるTravelAbilityは、観光業界内で障害者の旅行体験の改善に取り組んでいます。
そして、こうした障害のある人たちを、国内最大の「サービスを受けていないマイノリティ」と表現しています。
AWS財団のCEO、パティ・ヘイズはこう言います。

「これは、人生のどんな瞬間にでも、世界中のどんな人も、所属する可能性があるマイノリティです。
おそらく、私たちは人生のあるときに、誰でもそのマイノリティに所属することになります」

プロムナードパークとともに、フォートウェインは数年にわたって他のアクセシブルなイニシアチブにも投資してきました。
市のリーダーたちは、空港のアクセシビリティに焦点を当てた改修にも取り組んできました。

世界中の多くの観光地が、アクセス可能なアトラクションとプログラミングへの大規模な投資を行っています。
インクルーシブの社会機運にあわせ、今後、旅行者となる人たちにアクセスし、利益を得られるようにするためです。
米南フロリダ大学ママ経営大学院の、持続可能な観光の専門家であるブルック・ハンセン准教授はこう言います。

「障害者旅行者は580億ドル(8兆6千億円)の市場に達しました
このビジネスには大きな意味があります」

障害者に優しい会場や体験は、ほぼ30年前から存在しています。
主にアメリカ障害者法(ADA)やヨーロッパアクセシビリティ法の導入に合わせたものです。
しかし、過去10年間を除き、それらは主に車椅子用のランプやエレベーターに限定されたものでした。

今は、より広範なインクルーシブを求める社会機運とともに、観光地もまた、アクセシブルな観光ビジネスの可能性を認識しています。
イタリア・トレンティーノで包括的なプログラムを計画する組織「トレンティーノ・フォー・オール」のプロジェクトマネージャー、ステファニア・クレメンテはこう言います。

「10年前では、こういったプログラムには少し早すぎたかもしれません。
今では、とくに私たちの地域社会は、さまざまなニーズを持つ人々を歓迎したいと考えています」

トレンティーノはトスカーナやシチリアほど広く観光地として知られていませんが、素晴らしい食事、山岳の景色、冬のスポーツ、さらには中世の城など、訪れる人々に提供できるものがすでにたくさんあります。

「トレンティーノ・フォー・オール」は、できるだけ多くの人にこの地域の体験を利用できるようにすること、そして同時に包括的な観光のための人気のある、収益をもたらす目的地を作り出すことを目指しています。

トレンティーノ・フォー・オールは、イタリアの障害者省から120万ドル(約1億8千万円)の助成金を得て、比較的静かなイタリアの州への観光客を引き付けています。
移動に障害がある人、視覚がないまたは低い人、聴覚障害者、認知障害者のための体験を作り出しています。

例えば現在、彼らは30年の歴史を持つ野外コンサートを、アップグレードしています。
聴覚障害のあるコンサート参加者に、音楽に合わせて振動する電子機器メーカーSubpacのバックパックのようなデバイスを貸し出す最初の野外音楽フェスティバルになります。

クレメンテによると、これまでに組織は助成金の約半分をアクセス可能なウェブサイトやコミュニケーションプログラムの作成、さらにはスキーやマウンテンバイクのような適応型アクティビティにも投資してきました。

次のフェーズでは、宿泊施設の包括的なアップグレードと、2026年のオリンピックおよびパラリンピックの一部のイベントを開催するための準備に取り組む予定です。

クレメンテは、トレンティーノをアクセス可能で包括的な目的地にすることは継続的なプロセスであり、政府の資金が尽きた後やオリンピックゲームが市を去った後も続けられると言います。

「すべてのプロジェクトに大きな費用がかかるわけではない」

そう、ブラジル南部パラナ州の首都クリチバの観光局長、タチアナ・トゥラ・コルマンは言います。
この都市は、視覚的および認知的障害者向けのプログラミングを中心に、さまざまな障害を持つ人々に観光体験を開放することを優先しています。

今年、彼女の部門は、視覚障害者がガイド付きツアー中に、トートバッグに入れて持ち運べる、手で触って、建物の大きさや形をよりよく理解できる、市の観光スポットのプラスチックのミニチュアを3Dプリンターで作成しました。
トゥラ・コルマンによると、これらのミニチュアは公共のメーカースペースで学生の助けを借りて「ほぼ無料」で作成されました。

これまでに、彼らは包括的なプロジェクトに400万ドル(約6億円)を費やしています。

市の主要な植物園内には、視覚障害者向けの感覚の庭があり、点字の看板と触れて探索できる植物があります。
ラテンアメリカ最大の美術館であるオスカー・ニーマイヤー美術館は、100パーセントのアクセシビリティ目標を達成しました。
これには、ランプ、オーディオガイド、点字の看板、自閉症や感覚の問題を持つ人々のための静かな部屋が含まれています。

アクセシブルな観光が、社会的に善いことあるのは言うまでもありませんが、米カリフォルニアに拠点を置くアクセシブルな旅行プログラムに関するアドバイザリーサービス、アクセシオ・コンサルティングの主任、ローラン・ロフェはこう言います。

「今まで、多くの観光地のマネージャーは、『善いこと』であるからと言いました。

しかし、ビジネスという面は無視できません。
たとえそれが最も大きな話題ではなくとも。

しかし、今はもう、それを私たちが強調する必要はありません。
今は、それが話のメインです。
観光地は、経済的なメリットのために行っています」

ロフェは、イリノイ州アメリカの障害者サービス組織、オープン・ドアーズ・オーガニゼーションによって検証されたデータを紹介しました。

2015年には、障害者旅行者は350億ドル(約5兆2千億円)に達していました。
2020年には、その数値は63パーセント増加しました。
2023年には、600億ドル(約9兆円)を超える可能性があると言っています。

この傾向に基づき、障害者ビジネス旅行者コミュニティの間で行われた研究に基づいて、ロフェは年間収益の約12パーセントの増加を見積もっています。
この、市場の急拡大は旅行者自身によって引き起こされている言います。

「障害を持つ旅行者は、かつては多くの不快感を我慢していました。
そのため、優れたサービスを要求するようになり、財布の力を行使することを恐れていません。
彼らはこう行っているのです」

「私たちのニーズを満たすためにあなたが必要なことをするか、それとも私たちが別の場所に行くかのどちらかです」

(出典:英BBC)(画像:たーとるうぃず)

善意だけでは続きません。

収益がなければ続きません。

こうして、ビジネスチャンスとして注目されることで、より広く、より良く、そして続くようになっていくはずです。

ADHDの若者が作った発達障害などの方たち向けの旅行会社

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。