発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の人向けの屋外フィットネス公園。運動だけでない学びも

time 2024/04/02

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

自閉症の人向けの屋外フィットネス公園。運動だけでない学びも
  • 運動が自閉症の人々にどのような効果があるのか?
  • 自閉症の人が運動を通じて得られるソーシャルスキルやマナーは具体的に何か?
  • フィットネスプレイグラウンドなどの施設が自閉症の大人や子供、そしてその家族にどのような影響を与えるのか?

自閉症のある人にとって運動はとくに重要です。
研究によれば、運動は自閉症の子どもたちの過活動、攻撃性、そして不安を減らすのに役立つことが示されています。
これが、米サウスカロライナ州スパータンバーグのプロジェクト・ホープ財団が特別に設計したアクティビティセンターを建設した理由です。

アロンゾ・トンプソンはスパータンバーグ市の警察署長です。
しかし、彼が言うには、それが彼の最も重要な仕事ではありません。

「家では私は父親です。
私の代わりをする人はいません。
父親であることは、本当に私にとって大事なことです。
いつも、よりより父親になりたいと思っています」

アロンゾの19歳の息子、クリストファーは自閉症です。
どの父親とも同じように、アロンゾは自分の子供に最善を望んでいます。
息子に最高のケアを提供するために努めてきました。
今は妻と離れて、息子のクリストファーといっしょに住んでいます。

「私たちは平日は別々に暮らし、週末は一緒にいます。
なぜなら、息子に必要なものがここにあるからです」

非営利団体プロジェクト・ホープ財団は最近、ここスパータンバーグに、屋外フィットネスプレイグラウンドを開設しました。

ここで息子のクリストファーは身体的なスキルを向上させるだけでなく、それ以上のものを得ているとアロンゾは言います。

「順番を待つことやチームワークのような特定のマナーや社会的スキルも学びました。
なぜなら、設備を使うためには、まわりの人たちとのチームワークが求められるからです」

父親のアロンゾにとってもいいことがありました。

「一緒に活動することが、私のフィットネスレベルを維持するのに役立ちます。
私は64歳ですが、息子が私を若々しく保ってくれています」

(出典・画像:米FOX COROLINA

うちの子も小さなころからずっとブランコが大好きでした。

大きくなってからは、足がついてしまいますし、周りの小さな子やお母さんを心配させてしまうこともあるだろうと、もうブランコに乗ることはありません。

こうした、大人向けの堂々と遊べるブランコがあったら、大きくなったうちの子(と私)も喜びそうです。

知的障害19歳の息子に小さな子の親は心配。大人ブランコ設置へ

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。