発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の少年ふたりの友情は海を越える

time 2017/01/02

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の少年ふたりの友情は海を越える

エリオット・レディは8歳。英ロンドンにいます。スカイプを使って話をする相手は、米ニューヨークにいる7歳のグレン・フラッティです。
二人の夢は、いつか実際に会って、一緒に遊ぶことです。
二人の友情は、エリオットの母親が、グレンのバースデー・パーティーについて話したことから始まります。
グレンのバースデー・パーティーには、16人の子どもを招待したにもかかわらず、誰も来ませんでした。
その頃、グレンの母親は米フロリダに住んでいて、息子のバースデー・パーティーに誰も来なかったこと悲しさをFacebookに書き込みました。
そうすると、人の輪が広がり、地元警察の人たちが、忘れられない特別なバースデー・パーティをしてくれたのです。
発達障害のエリオットは、その話を聞いて、僕がグレンの友だちになりたいと母親に言いました。
「息子は、グレンにはまだ本当の友だちがいない。だから、僕が彼の友だちになりたい。といったんです。」
エリオットの母親、アリスがそう言います。
アリスは、グレンの母親、アシュリーに、息子のエリオットが、グレンの友だちになりたいと思っていることを伝えました。
最初、グレンはとても内気だったので、二人はお互いに写真を送ることから始めました。
そのうち、動画を送るようになり、ついには、スカイプ(テレビ電話アプリ)で話ができるようになりました。
グレンの母親のアシュリーは、二人の間でたくさんの笑いがあったと言います。
「最初に、アリスからエリオットのことを聞いた時、まるで自分の息子のグレンのように思えました。
グレンとエリオットの友情は、グレンにとって素晴らしいものになっています。
グレンはいつも、いつエリオットが連絡をしてくれるのかたずねてきます。
そして、いつ実際に会えるようになるのか、エリオットに何を見せようか、何をして遊ぼうか、たずねてきます。
息子に友だちができて本当にうれしいです。」
グレンは発達障害があり、パニックになることがあります。
グレンはそのため、クラスメイトとの関係に悩まされることも多くありました。
「グレンはそのことがあるので、同じ年齢の友だちをなかなか作ることができませんでした。
なので、少し年下のほうがちょうどいいのです。」
アリスは、母親たち同士では、子どもたちは仲良くなれるはずと感じていました。しかし、実際に友だちになれるかは、子どもたちの状態次第だと考えていました。
そして、一番の問題は、二人の子どもたちの間には、5時間の時差があるのです。
グレンが学校から帰って来くるころには、エリオットは寝る時間なのです。
アリスは、二人の子どもたちが実際に会って、一緒の思い出を作ることができたら、長く続く友情につながると考えています。
「二人は、ふつうの子どものように遊べるはずです。時差も気にしないで、エリオットはベッドに行く時間も気にする必要もありません。」
二人はスカイプで、学校、おもちゃ、ペットの話をします。そしてゲームも一緒にします。
グレンの母親によると、二人はときどき、時間を気にしないで長く話をしているそうです。
「二人には似ているところがあるので、何がどうなるのかお互いに理解できるです。
友情が生まれて、本当にうれしく思っています。」
(出典・画像:英Advertiser
距離に関係なく、同じような苦楽をしている人が見つかり、つながり、そして友だちになる。
これこそ、ITのメリットだと思います。
ますます仲良く、そして早く実際に会えるように願っています。
 
発達障害の息子が手放せない毛布をSNS入手

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。