発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の子どもの感覚にやさしい椅子

time 2017/02/13

発達障害の子どもの感覚にやさしい椅子

米イリノイ州の学校の先生が発達障害の生徒の助けになるものを作りました。
エミー・メイプレットホープは、レイモンド・エリー小学校の言語療法士です。
テニスボールをくっつけて、発達障害の子の感覚の問題を助ける椅子を作りました。
ネットで話題になった、学校のFacebookへの投稿によれば、この椅子で発達障害の子にとっての感触がよくなるといいます。

この椅子は、すでに15人から20人の生徒が使っているということです。

発達障害者の支援団体のオーティズム・スピークスによると、発達障害の子どもは、感覚についてたびたび困難をかかえることがあるといいます。

ベストや毛布、そしてこのテニスボールの椅子のようなもので、生徒が落ち着くことができるといいます。

メイプレットホープはネットで見た椅子をまねて、このテニスボールの椅子を作りました。

「小学校の生徒たちがかかえている、感覚の困難を理解したいと、ずっと取り組んでいます。
生徒が座るときにかかえる困難に対処できる方法を見つけたと思っています。
この作った椅子が、生徒たちの役にたって、本当にうれしく思っています。」

最近作られた、生徒が落ち着くための部屋に、この椅子が2つ置かれています。

ベス・キエツ校長が言います。

「生徒たちの感覚においてかかえている問題は、学校でも取り上げるべき問題となったのです。
生徒たちは、社会的であり、感情をもっていて、そして立派な学生なのです。」

メイプレットホープは、生徒に合わせて椅子を作っていると言います。

「生徒たちは、じっとしていることが、今までよりもできるようになりました。
椅子に座っている間の落ち着かない気分も少なくなりました。」

(出典:米abc)(画像:Facebook)

うちの子どもも毛布やクッションが大好きです。

みんな好きだと思いますが、発達障害のある子は好きを超えて、ないと困るというくらいのようです。

息子のお気に入りの毛布を見つけるのに奮闘したお母さんもいました。

発達障害の息子が手放せない毛布をSNS入手

(チャーリー)

 

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。