発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の子の周りの世界を本で伝えたい。

time 2017/03/06

発達障害の子の周りの世界を本で伝えたい。

発達障害のこの少年は、発達障害の子への対応方法について理解ができる本でスターになっています。

少年オリバー・フォックスは、彼の父デイヴィッドが書いた物語の主役です。

オリバーはシリーズでこの本をつくるプロジェクトが、発達障害の子どもをもつ親たちが子どもを理解することに役に立つものになることを望んでいます。

この本のシリーズは「ポップファンタスティック」。

オリバーの家族のニックネームにちなんで名付けられました。

「ポップファンタスティックは、オリバーのような発達障害の子が、本当の自分の可能性に出会って、そしてそれを実現していく、ファンタジー世界のお話です。」

発達障害の子の周りの世界を本で伝えたい。 b1-1024x768

英ニューキャッスル出身の海洋エンジニア、元講師である父親のデイヴィッドが言います。

「本書の背景となっている願いは、オリバーのような子供たちの周りの世界が理解されることです。

また、友人や兄弟たちに、そういった子どもたちの生活がどのようなものであるかを示したいとも思っています。

何度も目にしてきましたが、他の子供たちは発達障害の友だちやクラスメートとどのように接していいのか、わかっていないことがあります。

他の子どもが大声を出したりして、耳を覆いたくなったり、他の人と触れたくないので、
多くの時間、発達障害の子は一人で遊んだりしているのです。
理由はとても簡単です。

また、発達障害の子は、手をたたいたり、手を握って前後に揺らしたり、自己刺激行動を行います。
これは落ち着くための方法です。」

10歳のオリバーは、実際には学校に通う子どもですが、

本書のポップは6歳の発達障害の子で、ポップがもつ特徴でスーパーヒーローになれる魔法の世界を発見します。

例えば、ポップが自己刺激行動で腕を動かすと、飛ぶことができます。
敏感な聴覚で、危険を迫っていることが事前にわかります。

これを読むことによって、発達障害の子の状態が理解されることを願っています。

父親のデイビッドは次のように語ります。

「他の多くの子供たちと同様に、オリバーは幼い時に自閉症と診断をされました。
息子をずっとみてきた私と妻は、自閉症といっても、自閉症の子どもはそれぞれ異なることを知っています。

しかし、多くの部分で同じような特徴を持っていることも知っています。
私たちと同じ世界にいながら、全く異なる体験をしているのです。

発達障害と診断をされる子どもたちが今増えているので、楽しく面白い、役に立つものが必要だと感じていました。

この本を通じて、発達障害についての理解が深まり、そして家族と子どもたちが楽しめるのを願っています。」

デイビッドは、最初の「ポップファンタスティック」の本を出版するためにクラウドファンディングで資金を集めるための活動をはじめました。
この資金で、世界中の家族がこの本を楽しめるようにしたいと考えています。

発達障害の子の周りの世界を本で伝えたい。 b2-1024x768

Pop Fantastic のクラウドファンディングページ

(出典・画像:英Chronicle

発達障害の子の親の一人としての気持ちでは、発達障害の子だからといって特別な存在とは思わなく、ふつーなので、ふつーに理解して接してもらえるように、多くの方にふつーに手にとってもらいやすいかたちで出すのはとてもいいと思います。

読みやすい、綺麗なかわいい挿絵の本になるようです。期待したいですね。

息子との旅で学んだことを本にした父親もいます。

自閉症の息子が父に教えてくれた5つのこと。

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。