発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の人たちが何かを見つけられる農場

time 2017/04/11

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の人たちが何かを見つけられる農場

農場プログラムは、支援組織のホームステッドが、発達障害の人たちが働けるようになることを目的に始めたものです。

「仕事の難しさに見合った、支払いをしています。」

そうブック・ジムは言います。

「ここに来ているみんなに、役に立っていると感じてほしいのです。」

このプログラムは、ずっと農場で働くだけではありません。

「この大きな農場をもっているのは、そこで、ただ働かせようと思っているわけではありません。

これから何をしていいのかわからないときに、

私たちは、いろいろなことから何かすることを見つけられるように手助けしたいのです。」

このプログラムを開始してから、ホームステッドでは地域の人々に農産物の販売も行っています。

発達障害の人たちが何かを見つけられる農場 v3

「私たちがすべての場面で、発達障害の彼らを手伝っているように思われますが、それは違います。
私たちは、成人になると最も重要になることで、私たちができること、仕事のスキルを彼らに教えているのです。」

ここで発達障害の人とともに働く、アマンダ・カネヒが言います。

「発達障害の若者について、考えなければならないことはたくさんあります。
何をしていくべきか、いつ親から離れて住めるのか、どうやってこの社会で行きていくのか?」

ホームステッドでは、家畜の飼育、種まき、畑での栽培、収穫など全てについて指導を行います。

「それはとてもたいへんですが、私たちの中には、本当にそれが得意な人がいます。」

そうカネヒは言います。

ホームステッドでは、あらゆる野菜、何百種類もの品種を栽培しています。
果物もあります。
野菜のオフシーズンには、温室はポインセチアの栽培に使用し、翌年の収穫に備えます。

発達障害の人たちが何かを見つけられる農場 v2

「とてもやりがいがあります。つまらないときなどありません。

発達障害の人たちは、新鮮な野菜を笑顔で渡してくれます。

私の家族にも障害があります。

なので、ここに来ている人たちを助けることを学べるのは、本当にやりがいがあることなんです。」

(出典・画像:米The Des Moines Register

学校を卒業したあと、どうやって過ごすのか、生きていくのか。

本人にとっても、家族にとっても直面する問題です。

こういう機会があることに感謝をします。そして増えていってほしいと願います。

 

仕事を学ぶホテルもありました。

発達障害の人たちが自信をつけ働けるホテル

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ