発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

特別支援が必要な子どもたちへのダンス教室

time 2017/04/18

特別支援が必要な子どもたちへのダンス教室

キム・スミスは発達障害の7歳の娘、レーガンにあったダンス教室を見つけることができませんでした。

そこで、自分で解決することにしました。

「特別支援が必要な子どもにあった通えるところがありませんでした。
それは、親としてはくじけそうなことでした。」

そう母親のスミスは語ります。

特別支援が必要な子どもたちへのダンス教室 d6 特別支援が必要な子どもたちへのダンス教室 d5 特別支援が必要な子どもたちへのダンス教室 d4

ダンスをする小人症のエヴァが語ります。

「私は背が低いです。しかし、ステージにあがればみんなと同じです。」

「本当に幸せになります。とても大きくなった感じがするんです。」

特別支援が必要な子どもたちへのダンス教室 d9 特別支援が必要な子どもたちへのダンス教室 d10 特別支援が必要な子どもたちへのダンス教室 d8

2015年から、米ノースカロライナ州シャーロットのミス・ドナ・スクール・ダンス・スクールで、場所を借りて7人の生徒から始まりました。

今は、34人の生徒を10人のボランティアで教えていて、別の場所も借りています。

ダンス教室は、発達障害、ダウン症、小人症、脳性まひ、てんかん、盲などさまざまな生徒に対応し、能力にあわせて調整したものとなっています。

特別支援が必要な子どもたちへのダンス教室 d2 特別支援が必要な子どもたちへのダンス教室 d3 特別支援が必要な子どもたちへのダンス教室 d1

(出典・画像:米InStyle

自分の娘のためにと始めたものが、みんなにとってうれしいものになっていきました。

うちの子どもも気に入った音楽を聞くと、体を動かしはじめて、しまいには大きく体を左右にダンス?を始めます。

それを見ると、楽しくてうれしくなります。

このお母さんも、きっかけはこういう気持ちだったんだろうと思ったりします。

行動したお母さんを尊敬します。

 

のりのりで夢をかなえた少年もいます。

DJになる夢を実現した発達障害の少年

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。