発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

DJになる夢を実現した発達障害の少年

time 2016/12/30

DJになる夢を実現した発達障害の少年

発達障害の少年がふつうではない場所、米シアトルのナイトクラブでびっくりする経験をすることができました。
「ぼくは、DJになれるように勉強して、すごくなりたいんだ。」
8歳のノア・ジョンソンがそう言います。

ノアは、高機能自閉症です。最近は、お気に入りのDJの絵を描いています。

ノアの母親は、ナイトクラブの共同運営者で、ナイトクラブで働いています。

「私くらいの世代で、DJを学びたいと思う人はいますが、こんなに情熱をもつ8歳の少年はいません。
こんなにクールなことはありません。」
ナイトクラブのミュージックディレクターで、DJのウィンソン・シャープスが言います。

ナイトクラブのチームは、ノアのために特別な機会を設けました。
チームは、ノアをステージに上げて、観衆の前で歌いました。

DJになる夢を実現した発達障害の少年 d6-1024x768 DJになる夢を実現した発達障害の少年 d2-1-1024x768

「みんなが僕に声援を贈ってくれました。とてもうれしそうでした。」
ノアはそう言います。

「みんなが彼を見てました。ノアも興奮していました。」シャープスが言います。

ナイトクラブのチームは、米シアトル警察と共同してこのイベントを問題がないように行いました。
ノアとノアの家族もこのイベントの準備をしました。

ノアはすでに自分のDJ名をもっています。
そして家には、DJをするための装置や、プロ向けのヘッドフォンもあり、DJの練習ができます。

「私たちは、圧倒されてしまいました。
息子がやりたかったことを、実現できて、言葉もありません。」
ノアの父親はそう語りました。

DJになる夢を実現した発達障害の少年 d7-1024x768

(出典・画像:米NWCN

好きなことが見つかったら、どんどんそれを追求し、持っているものを伸ばせるようにできたら、

親としては本当にうれしいですよね。

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。