発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

「共感覚」のシンガーは色を塗って曲を作る

time 2017/04/21

この記事は約 2 分で読めます。

記事下にFacebookコメントが付きました。
「共感覚」のシンガーは色を塗って曲を作る

特別な感覚をもっているために、ニュージーランドのシンガーソングライター、ロードは私たちよりも鮮やかに音楽を体験しています。

他のアーティストと同じように、それでヒット曲を作っているのです。

「共感覚」は、ある刺激に対して他の感覚も一緒に感じる知覚現象です。

ロードの場合は、音を聴くと色が浮かびます。

音の高さが異なると、色も変わります。

「共感覚」のシンガーは色を塗って曲を作る k2

ヒットメーカーのロードはインタビューで、曲作りはそれぞれのテーマにあわせて色付けをしていくことと答えています。

「私は作曲を始めた瞬間から、曲の終わりまでがわかります。

どんなに遠くて、先が霧で見えない状態であっても。

私の作曲は、見ているものを音にするだけです。」

Twitterでは、ロードの最新ヒット曲となった「グリーン・ライト」の制作に力を入れていることを語っていました。

「セッションをしている間に、私の共感覚が響きました。

この曲は、高校の頃、そして最近の記憶イメージで作ったものです。」

「共感覚」のシンガーは色を塗って曲を作る k1-1

ロードが、共感覚を生かした初めてのアーティストというわけでは全くありません。

他にも、ビリー・ジョエル、スティービー・ワンダー、ファレル・ウィリアムズたちがいます。

サイエンティフィック・アメリカンによると、共感覚が現れる人の割合は2万人のうち一人とされています。

ビジュアルアーティスト、小説家などの人たちで見ると、その割合はより高くなります。

そして、発達障害の人も共感覚をもつ割合は高くなっています。

(出典:ニュージーランドNewshub.)(画像:pixabay

うちの子どもも、自分と同じものを見たり、聞いたりしていても、違うように感じているような気がするときがあります。

また何もないところを見て笑ったりしていると、自分には見えない何かが見えているのかもしれない。

とも思ったりします。

思うというか正直、期待です。

実はまわりの人が気づいていないだけで、秘めた能力があったのだ!

そんな能力はなく、ヒット曲も作れなくても、楽しく過ごしてくれていればそれでうれしいです。

 

発達障害の方の感覚の違いから起きていることがあります。

発達障害の人の多くが奇妙な体験をしている

(チャーリー)

 

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ