発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の子に友だちができ、私にもできた

time 2017/04/29

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の子に友だちができ、私にもできた

ちょっとした優しさが、オランダの幼い男の子とごみの収集車を運転する女性の間の友情に変わりました。

10歳のランドン・ローズブームが幼稚園に入った頃、家族たちは行動の変化を感じ始めました。

「子どもたちと一緒に遊ばせようとしても、息子は一人いなくなってしまいます。
会話をしようとしても、顔を見ることはありません。目を合わせることもありませんでした。」

そう祖母のバルブ・オルダリンクは語ります。

ランドンは、4歳の時に発達障害と診断をされました。

ランドンは発達障害と診断される子どもの特徴である、強いこだわりがありました。

最初は電車でした。そして、その後7年間、ずっとごみ箱が大好きでした。

発達障害の子に友だちができ、私にもできた g3-3
そして、ごみ収集車、ごみ収集車から聞こえる音、運転手が好きになりました。

「孫が幼かった時には、ごみ収集車を見るために車に乗せてついて行きました。
ごみ収集車が、大きなゴミ箱を機械でつかむのを見ると、孫はその音を、口で真似して出すことができました。」

ミシェル・コペンが数年前から、ごみ収集車の運転の仕事をはじめました。

「私たちは、彼女の車のあとをついていきました。
彼女はごみ箱からこぼれ落ちた缶などもきちんと拾っていて感動しました。

とても、効率的に仕事をしていました。
慣れてくると、ごみ箱からこぼれ落ちることもほとんどなくなっていました。」

孫のランドンはずっと、ごみ収集車を運転するコペンを見てきました。今は自転車で追いかけます。

コペンは、ランドンが最初は恥ずかしがっていたものの、ここ数週間で変わったと言います。
ちょっとした言葉のやりとりから、学校や人生、家族について会話をするようになってきたといいます。

発達障害の子に友だちができ、私にもできた g2-4 発達障害の子に友だちができ、私にもできた g4-3

そして、ときどきプレゼントの交換もするようになりました。

ランドンはコペンに絵を描いて贈りました。
コペンはランドンの好きなキャンディをいつも車に置いています。

この二人の関係でもっとも素晴らしいことは、ランドンは自分の殻をやぶり、自分を理解してくれる友だちができたということです。

「もしも、彼女が行動してくれていなかったら、こんなふうな友情が生まれることはなかったはずです。
彼女はやさしく、そして我慢強く、おだやかに孫に接して、充分な注意を払ってくれていました。」

発達障害の子に友だちができ、私にもできた g5-1 発達障害の子に友だちができ、私にもできた g8-2 発達障害の子に友だちができ、私にもできた g7-2

これは、ごみ収集車を運転するコペンにとっても友だちができたということです。

こう語りました。

「この仕事はとてもたいくつになってしまうと考えていました。楽しい仕事というわけではありません。
しかし、ランドンのような友だちができて、ランドンに会えるのをいつも楽しみにしています。」

(出典・画像:米WOODTV

うちの子どもの学校の子どもたちとも挨拶をしたり、ちょっとしたやりとりをすると、とてもうれしく少し友だちになった気がします。

自分もうれしく、相手もうれしくなるなんて、こんなにうれしいことはありませんよね。

 

ここにもそんな関係になった人たちがいます。

彼の笑顔とハイタッチで毎日が楽しくなりました。

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ