発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

3輪の自転車で発達障害の子も練習ができる

time 2017/06/06

3輪の自転車で発達障害の子も練習ができる

障害のある子どもたちが、自転車の乗り方を学んでいます。

非営利団体のバイクツーワーク・バイクツースクールが、自転車に乗れるようにワークショップを行っています。
この団体は、参加することができなかった子どもたちがいることを知りました。

グッドライフ・キッズ基金の助成を得て、3輪の特別な自転車を購入しました。

この、地面に近い低い、背中がある椅子があるリクライナントと呼ぶ3輪車によって、今までこのワークショップに参加することができなかった約90人の子どもたちも練習ができるようになると、このワークショップを行っているエリー・ランバートは言います。

「背もたれに支えられて、座って走ることができるんです。
これで、障害があるために自転車に乗れなかった子どもたち、普通の自転車では怖かった子どもたちが、自転車に乗れるように練習ができるようになります。」

3輪の自転車で発達障害の子も練習ができる b3-1

小学校の先生のシンディ・チャウは、発達障害の生徒のニコル・ウェイをはじめとして、生徒たちにとてもこのワークショップは人気があると言います。

「ニコルは、教室でもうまくやっています。
クラスメイトもニコルと仲が良いです。毎日いっしょに楽しくしています。

ニコルはとても恥ずがしがりやですが、みんなの協力をうけて、自分の殻をやぶることができました。」

 

このワークショップを行う、ランバートも障害のある子どもたちにとっては、まわりの友だちのサポートが本当に重要であるといいます。

「この3輪車に乗って練習している子どもたちは、これまでに自転車に乗ったことはないと思います。
また、この3輪車を見たこともなかったでしょう。これでみんなと練習ができます。」

このワークショップでニコルをサポートする、ジェニー・ラウはこの3輪車のおかげで、ニコルが教室にいるときのように安心して練習ができると言います。

「ニコルはみんなに助けられていると感じています。
友だち、クラスメイトと一緒の気持ちなんです。」

このワークショップを行う場合には、この3輪車の利用をリクエストすることができます。

3輪の自転車で発達障害の子も練習ができる b1-1

(出典・画像:カナダCBC

うちの子どもは全く自転車に乗ることはできません。

小さい頃はママチャリの後ろに乗せるとうれしそうにしていましたね。

今一緒に乗るとすれば、車や電車になりますが、どちらもうれしそうです。

あのうれしそうな顔が見たくて、声を聞きたくて、行き先はどこでもいいので、でかけたくなります。

 

自転車に乗れないと思いこんでいるだけかもしれません。

できないと思っていただけかもしれない。

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。