発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害少年が先生になって絵を教える教室

time 2017/08/25

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害少年が先生になって絵を教える教室

一枚の絵は1000の言葉に匹敵する。

こんなことを聞いたことがあるはずです。
17歳のリケイ・ケリーにとって、それは本当のことです。

「絵を描くのが大好きです。
絵を描くのは私の運命なんです。
私の夢は、有名な画家になることです。家族のために。」

リケイは発達障害です。
絵を描く事で、自分を伝えることができるようになりました。

発達障害少年が先生になって絵を教える教室 p4-1024x768 発達障害少年が先生になって絵を教える教室 p6-1024x768

そして、同じようにできるように他の人たちにも教えたいといいます。

「ずっとそう思ってきました。」

オーサム・アーツは、発達障害や特別支援が必要な子どもや青少年のために、10週間に渡って行われる週に一度の無料のプログラムです。

リケイは母親のミシェルの助けを借りながら、そこで教えています。

発達障害少年が先生になって絵を教える教室 p3-1-1024x768 発達障害少年が先生になって絵を教える教室 p5-1024x768 発達障害少年が先生になって絵を教える教室 p2-1-1024x768

オーサム・アーツはリケイの祖母たちによって始められました。

「アートは孫に生きるための能力と責任感を与えてくれました。
リケイには障害があります。そう言われてきました。
しかし、障害ではありません。それは能力なんです。」

そう祖母のマーガレットが言います。

発達障害少年が先生になって絵を教える教室 p1-1-1024x768

リケイは8歳から12歳の子どもたちに絵の描き方を教えます。
それは、子どもたちの運動機能の改善にもつながります。

リケイの母親のミシェルはこう言います。

「これは、素晴らしいことです。

息子のリケイは、誰でもみんなが出来るということを、言葉にして伝えることができません。
しかし、それを伝える才能を持っていたんです。」

(出典・画像:カナダGlobal NEWS

絵が大好き。でもうまく話すことができない。

だからこそ、絵を描くことの楽しさ、発達障害の子どもがかかえる困難を知っての先生になるので、教えてもらうほうも、先生となっている彼も楽しく、多く学べると思います。

発達障害の方を先生にした、こういう取り組み、どんどん増えるといいですね。

自閉症の息子が父の教えてくれた5つのこと。

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ