発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害だからできないと親は思わなかった

time 2017/09/17

この記事は約 4 分で読めます。

記事下にFacebookコメントが付きました。
発達障害だからできないと親は思わなかった

クロスカントリーチームに入っているコナー・スチュワートは米イリノイ州の何千人もの他のタンターと同じように夏期トレーニングを行いました。

17歳のコナーは、毎日12kmから16kmを走り、合計で300km以上を走りました。
目標はクラス1Aを獲得することです。

2歳半で、発達障害と診断をされたコナーは3年前、新入生の時にこのクロスカントリーのチームに入りました。
今では、マット・エスペンク監督の予想を超えた成長を見せています。

「新入生のときには、続けることができるか心配をしていました。
どうなるかわからないと思いました。

なかなか考えても難しいことでした。
支援が必要なのでしょうか?どんな支援を行えばいいんでしょうか?」

そうエスペンク監督は言います。

発達障害だからできないと親は思わなかった r3-1-1024x768

しかし、続けていく中で、コナーは走るのが大好きなことがよくわかりました。
走ることは、まるでコナーにとって薬のようでした。

イリノイ州高校クロスカントリー選手権では、コナーは最速の19分2秒のタイムを記録しました。
新人だった頃に比べると5分以上も速くなりました。

「僕の目標は19分以内です。18分30秒をめざします。

僕は走ることが大好きです。
僕の発達障害に対しても役に立っています。僕を強くしてくれています。」

発達障害だからできないと親は思わなかった r4-1-1024x768

コナーの両親、マイケルとシャーリーンは、発達障害と判断されるのには時間はかからなかったと言います。

「そう診断をされたあとは、医師からはとくに支援はありませんでした。
そのため、家庭での療育を行ってきました。

理学療法、作業療法、言語療法、音楽療法、応用行動分析学、
可能な限り、全てを行ってきました。」

そうシャーリーンが言います。

「私たちの役に立つものがあれば、取り組みました。
発達障害と診断をされたあとに親ができるのは、こういうことです。

私は母であり、小学校の教師です。
教室には発達障害の生徒もいます。」

コナーは、カルタービル高校で授業を受けています。
大学に進学するための準備もしています。

「コナーは、高校やクロスカントリーのチームで、とても多くの人たちに恵まれてきました。
チームのマット監督には、本当に助けられています。」

父親のマイケルは、母親のシャーリーンとトレーニングを受けて、息子のコナーを助けられるようにしてきたと語ります。

「コナーが、発達障害と診断をされたときは、本当にたいへんでした。

親としてどうすればいいか、悩みました。
もっともしてはいけないことは、あきらめてしまうことです。

何でもチャレンジしてみてください。

コナーには、発達障害があるのでこれをすることはできない。
そんなふうには思わないようにしました。」

発達障害だからできないと親は思わなかった r1-1-1024x768

コナーは7歳の時に、地域の子どもクラブに入って取り組みました。

「僕はうまくできたので、続けました。
友だちと一緒に運動をしました。僕のこともよくしてくれました。」

「僕は進学をして、農業か料理の仕事をしたいと思っています。
特に料理することは大好きです。」

コナーは、エスペンク監督の支援を受けて、クロスカントリーで素晴らしいランナーになりました。

「コーチのおかげで、とても走れるようになりました。
速く走れるようになったのもそうです。
どんどん速くなりました。」

発達障害だからできないと親は思わなかった r5-1024x768

「コナーは今年中に18分30秒のタイムで走ることを目標にしています。
きっと、達成できます。
コナーは2年生のときには、チームメイトから、最も優れたランナーとして選ばれています。
今年もきっとそうなります。

コナーがここまで成長したのは、コナー自身のおかげです。
私は何もしていせん。
コナーが時間をかけて努力してきたのです。」

そう、エスペンク監督は言います。

「コナーが学校を卒業してしまうことを考えると、私は悲しくなってしまいます。
本当に私は、コナーがそばにいてくれることがうれしいんです。

進学しないのなら、私のアシスタントコーチに誘っています。
しかし進学をするのなら、2つの大学のコーチに連絡をとってあるので、大学に行って走ることができるはずです。」

(出典・画像:米BELLEVILLE NEWS-DEMOCRAT

今の活躍をみたら、何が障害なんだかわかりません。

ご本人の努力、家族、周りの人の支援、その結果なんでしょう。素晴らしいと思います。

ただ、発達障害の方がみんなこんなふうになれるわけでなく、困難をずっとかかえる方もいます。

発達障害は人それぞれです。このような方でなくてもいいんです。

それぞれが、それぞれに、それぞれの道を歩んでいけばいいのだと思います。

 

協力しあって走る親子もいます。

発達障害の子と視覚障害の父が補い合い走る

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ