発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の男性は電子音楽でうつ病から救われ、DJにまでなった

time 2017/11/17

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の男性は電子音楽でうつ病から救われ、DJにまでなった

学校では孤独の時間を過ごしていた発達障害の男性は、電子音楽がうつ病になることから自分を救ってくれたと語ります。
ダニー・イートンは11歳の頃から、プロのDJになる夢を追いかけていました。
そして、トランスミュージックで有名なラジオ番組に出演し、音楽会社と契約を結びました。
23歳になったダニーの曲は今ダンスフロアで流れています。
d3-2 発達障害の男性は電子音楽でうつ病から救われ、DJにまでなった
ダニーの人生がいつもバラ色だったわけではありません。
特に学校に通っていた頃は全く違いました。
学校では、いじめられていました。
発達障害と診断をされると、ダニーはそれまでのクラスから離されて、7ヶ月間毎日「グリーンルーム」と書かれた部屋に放置されたといいます。
進学をして学校が変わったことで、そのような問題は改善しました。
しかし、こんどは勉強についていくことに苦労をしました。
そして、そんなときに電子音楽に出会い、情熱をもつことができました。
「音楽の道を進むことが、私の望んでいることだとわかりました。」
しかし、楽器を弾くことができませんでした。
それからも苦労があったのです。
学校を卒業後、さまざまなジャンルの音楽にも取り組んでみましたが、うつ病になって一度音楽をあきらめました。
「私は壊れてしまったんです。
治すために、音楽をあきらめようとしたのです。」
ダニーは2年間、音楽機材を押入れにしまっていました。
d1-2 発達障害の男性は電子音楽でうつ病から救われ、DJにまでなった
そして、今年の3月に取り出したのです。
情熱が再び生まれました。
ダニーは再び曲を作り、そして音楽会社から注目を得たのです。
ダニーはこれまでの全ての挫折があったから、強くなることができたと語ります。
「意志を貫くこと、達成するために必要な我慢もすること、それが必要なんだということがわかりました。
もう、どんな障害にも私は負けないと思います。」
(出典・画像:英ECHO
みんながみんな、こんなふうに強くはなれないかもしれません。
けれど、なれるかもしれません。
そう思い奮い立たせてくれる話ですね。
発達障害の人とそうでない人を結ぶ電子音楽

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「寝てくれ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。