発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

ディズニーのプログラムに選ばれて、発達障害の少女は夢を叶える

time 2018/01/20

この記事は約 2 分で読めます。

ディズニーのプログラムに選ばれて、発達障害の少女は夢を叶える

発達障害の17歳のアンジェラ・マッケンが、ディズニー・ドリーマーズ・アカデミーのメンタープログラムの対象者に全米の中から選ばれました。
アンジェラはたくさんのことに関心がありますが、何よりも手話とディズニーが大好きです。
「手話の通訳になりたいのは、耳の聴こえない人にディズニーの魔法を伝えたいからです。」
そうアンジェラは言います。
アンジェラと母親のリサは、フロリダにあるディズニー・ワールド・リゾートに招待されています。
アンジェラと99人の子どもたちが、夢を実現するためにサポートを受けます。
s9-1 ディズニーのプログラムに選ばれて、発達障害の少女は夢を叶える s3-2 ディズニーのプログラムに選ばれて、発達障害の少女は夢を叶える
アンジェラは、ディズニーから選ばれたと電話があったとき、信じることができませんでした。
「悲鳴をあげて、幸せで泣きました。」
アンジェラがそう言います。母親のリサはこう言います。
「とても驚いて、電話を握っていることもできませんでした。
私も信じることができませんでした。
しかし、これで娘の夢は必ず叶うものだと信じるようになりました。」
アンジェラは手話の通訳として、ディズニーで働きたいという夢を応募しました。
アンジェラにとってはとても大事な夢です。
「12歳のときに、私は発達障害と診断されました。
話すことができない発達障害の人が、手話を学んでいるのを見て、とても興味を持ちました。」
s6-2 ディズニーのプログラムに選ばれて、発達障害の少女は夢を叶える s1-3 ディズニーのプログラムに選ばれて、発達障害の少女は夢を叶える
母親のリサはこう語ります。
「私たちは、いつも娘の夢を応援してきました。
父親も私も、最初からずっと。
発達障害だからといって、娘にはできないとは考えませんでした。
親の私たちも、もっと学んで、娘の夢の実現のためにできることを考えてきました。」
s7-2 ディズニーのプログラムに選ばれて、発達障害の少女は夢を叶える
待ち遠しいアンジェラはこう語りました。
「本当に参加するのが楽しみです。
同じように夢の実現に向かってがんばっている人に会えたり、ディズニー・ドリーマーズ・アカデミーの体験は、本当に楽しみです。」
もうすぐ、ディズニーワールドに向けて飛び立つ予定です。
(出典・画像:米WNEP
米ディズニーでは、子どもの夢を実現するのを支援する活動を行っているんですね。
ディズニー大好きな子が、こんな機会をもらえたらどれだけうれしくて、どれだけ素敵なことになるかと思うと、なんだか私もうれしく思います。
こういった取り組みは、どんどん広がってほしいですね。
発達障害の青年は大好きなアニメで未来へ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。