発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子たちも一緒になってアメリカの伝統とロデオを楽しむ

time 2018/01/23

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子たちも一緒になってアメリカの伝統とロデオを楽しむ

16日間にわたって行われる全米ウェスタン・ストック・ショーは、アメリカの伝統を祝い、たくさんのお店や激しいアクションのロデオで有名です。
エクセプショナル・ロデオの開催は、今年で35年目を迎えます。
発達障害の子どもたちがロデオを体験できる機会です。
r5-1 発達障害の子たちも一緒になってアメリカの伝統とロデオを楽しむ r6-1 発達障害の子たちも一緒になってアメリカの伝統とロデオを楽しむ
エクセプショナル・ロデオは、今年は米コロラド州立大学のテンプル・グランドン・馬センターが運営をしました。
「エクセプショナル・ロデオは、成功した発達障害の人として著名なテンプル・グランドンのまさに行いたいことです。
素晴らしいイベントです。
農業とアメリカの伝統の素晴らしさを、障害の有無にかかわらず、みんなが楽しめるものです。」
そう、馬センターのアダム・ダウリオが語ります。
プロ・ロデオカウボーイ協会員のボランティアたちが手伝い、22人の子どもたちにロデオを体験しました。
「アメリカの伝統であり、長い歴史をもつロデオを、子どもたちに伝えたいのです。」
そうボランティアは語ります。
r4-1 発達障害の子たちも一緒になってアメリカの伝統とロデオを楽しむ r7-1 発達障害の子たちも一緒になってアメリカの伝統とロデオを楽しむ r8-1 発達障害の子たちも一緒になってアメリカの伝統とロデオを楽しむ
今回、ボランティアとして参加したネルソン・ワイアットも喜んでいます。
ワイアットも特に楽しめたのは、模型の馬のロデオで子どもたちを手伝ったことです。
参加した発達障害の子どもたちの何人かはロデオを行うことを恐れてもいましたが、多くの子どもたちは楽しい経験になったようです。
学校の先生である、ティエラ・ジェファソンはこう言っています。
「子どもたちは、守られている場所から飛び出して、実際に自分ができることを楽しんでいました。
発達障害の子どもたち、みんな一人ひとり、模型の馬に乗って楽しむことができました!」
r3-1 発達障害の子たちも一緒になってアメリカの伝統とロデオを楽しむ r2-1 発達障害の子たちも一緒になってアメリカの伝統とロデオを楽しむ
(出典・画像:米COLORADO STATE UNIVERSITY
本物の馬に触れて、模型の馬であっても乗って、盛り上がればそれは楽しいと思います。
前にどこかの牧場で、うちの子が少し怖そうにしながらも、馬にニンジンを上げることができて、少しうれしそうな顔をしたことを思い出しました。
発達障害はむしろメリットだとロデオで学ぶ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。