発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の青年は母と自然公園の約1500kmの全コースを制覇

time 2018/05/01

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の青年は母と自然公園の約1500kmの全コースを制覇

25歳の男性が、米グレート・スモーキー山脈自然公園内にある約1500kmにわたる全てのハイキングコースを初めて制覇した発達障害の人になりました。

2012年には体重が130kgを超えていて、ガラン・ムーアは体重を減らす必要がありました。

ガランと母親は山々の連なる無数のコースとトレッキングしました。

「遊園地に遊びに行ったときに、乗り物のシートベルトを締めることができなくて、乗ることができませんでした。
私は本当にがっかりしました。」

母親のテレザはそう言います。

そして、家の近くを歩くことから始めました。
そして、散歩の距離はどんどん長くなり、山にも行くようになったのです。

発達障害の青年は母と自然公園の約1500kmの全コースを制覇 t6-1 発達障害の青年は母と自然公園の約1500kmの全コースを制覇 t7-1 発達障害の青年は母と自然公園の約1500kmの全コースを制覇 t3-2

ガランとテレザは、天気が悪かったり、病気にかかったりしなければ、ほぼ毎週ハイキングを行いました。

始めてから6年、それまでに2773kmを歩き、ガランの体重は36kg減りました。

「いつもリュックを背負って、ハイキング用の杖と水筒を持っていました。」

そうガランは言います。

発達障害の青年は母と自然公園の約1500kmの全コースを制覇 t1-3 発達障害の青年は母と自然公園の約1500kmの全コースを制覇 t8-1

「発達障害が息子の進歩を止めることはありませんでした。」

4月21日にグレート・スモーキー山脈自然公園での最後のトレッキングを終えました。
公園内に設けられた全てのコースを制覇しました。

発達障害のガランが初めて完成させて仕事といっていいかもしれません。
母親のガランがとても大切に思うものです。

「これまでのことを忘れません。素晴らしい思い出になりました。」

発達障害の青年は母と自然公園の約1500kmの全コースを制覇 t2-3 発達障害の青年は母と自然公園の約1500kmの全コースを制覇 t5-1

ガランの体重が減って、遊園地に行くと全てのジェットコースターに乗ることができました。

「シートベルトが締められたんです!歩いたおかげです。!」

そうガランは言います。母親のテレザはこう言います。

「息子は私のヒーローです。本当に。
これからも歩き続けます。」

(出典・画像:米WBIR

私もうちの子と手をつないで歩いていると、理由なく、うれしく楽しくなります。

きっとこのお母さんも、疲れることもあったでしょうが、楽しかったんだと思います。

これからもこの調子で、親子でいろいろ制覇して頂きたいです。

本当に素敵な親子ですね。

発達障害の子と父は駅に通い続けて17年

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから

人気の記事



たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!