発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子に多い「摂食障害」学校での支援の実践的アイデア

time 2024/01/28

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

自閉症の子に多い「摂食障害」学校での支援の実践的アイデア
  • 1. 食事に関する困難に直面している子どもたちにどのような支援が必要か?
  • 2. 学校や教育機関は、ARFIDや非典型的な食事行動に対処するために何を認識すべきか?
  • 3. 家族や教育機関は、ARFIDを持つ子どもたちをサポートする際にどのようなアプローチや理解が必要か?

健康的な食生活と定期的な食事時間は、学校での子どもたちの学習と参加にとってとても重要です。
しかし、食事に関して大きな困難に直面している子どもたちもいます。

「回避・制限性食物摂食障害(ARFID)」とは、ある特定の食品や食品の種類を避けたり、食べる食品の量を制限したりする状態で、体重、気分、集中力、家族生活に影響を与える厳しい食事の制約を引き起こします。

この状態は、自閉症の若者の間でよく見られます。
研究によると、定型発達の子どもでは13パーセントであったのに対し、自閉症の子どもでは約70パーセントが「非典型的な食事行動」を示していました。

私の英ローワン・ツリー小学校は、重度かつ複雑なニーズを持つ4歳から11歳の生徒のための特別支援学校です。
生徒の多くがARFIDを持っています。

彼らをサポートするために、私たちは独自のアプローチ「フードファクツ」カリキュラムを開発しました。
すべての生徒が、食に関して独立性と柔軟な思考を促進する、非常に個別化された毎日のフードファクツセッションを持っています。

しかし、ARFIDは特別支援学校だけの課題ではありません。
私たちはこの問題に取り組むいくつかの普通学校もサポートしています。
教師がこの状態に対処するために重要なポイントがあります。

まず第一に、すべての学校がARFIDが生徒たちに与える深刻な影響を認識することが重要です。
それはすべての子どもに異なる影響を与えます。

一部の子どもは1〜2種類の食品しか食べないか、固形物を全く食べない場合もあります。
制限された食事をする子どもたちが「安全」な食べ物や飲み物を学校に持ち込むことを許可することは、重要な考慮事項です。

本当に重要なのは、食事に問題を抱える子どもたちを「食べ物の好き嫌いの激しい子ども」とラベル付けしないことです。
これは逆効果になることがあります。
同様に、ARFIDの子どもの皿に新しいものを置いて試してもらおうとするのは全く役に立ちません。

しかし、ときには子どもたちのニーズに対する答えは比較的簡単で、新しい視点が必要なだけかもしれません。

たとえば、ある学校が昼食時に最も騒がしくてにおいの強い場所である給食の配膳口近くに座らされていた子どもをサポートするために私たちに依頼しました。
そこで、静かなランチルームを開設し、落ち着いた音楽を流すと、大きな違いが生まれました。
これは、圧倒されている生徒が感覚的なトリガーなしで食事できる場所となりました。

特別支援学校として、私たちは生徒が入学する前に彼らのニーズを理解するための準備作業をたくさん行っています。
一般学校でも同じことを食事に関して行わない理由はありません。
栄養は学校での成功に不可欠な部分です。
子どもたちが学校で適切に食事や水分を摂れなければ、彼らは学習に完全に参加することができません。

私たちのフードファクツカリキュラムは、普通の教室でも行なえます。
セッションは多感覚的で楽しく、地理、D&T、PSHE、科学、コミュニケーションを含んだもので、誰でも利用できます。

たとえば、レーズンを使って、私たちはすべての生徒に多くのことを探求させ、同時にARFIDを持つ生徒に新しい食品を安全に紹介することができます。

まず、私たちはレーズンを目を閉じて触りながら探求することを奨励し、それが何かを当てるようにします。
その後、レーズンがどこから来るのか、どのように育つのか、ブドウが乾燥していく様子を映したビデオを見せ、もちろん試食する機会も提供します。
私たちは、一貫して、励ましと安全を提供できることをします。

最近、重度のARFIDを持つ私たちの生徒が、母親と一緒に学校のイベントに参加しました。
彼がビュッフェのサンドイッチを試すことに決めたとき、彼の母親は大喜びでした。
これはフードファクツが始まる前には考えられないことでした。
今まで、彼は新しい食べ物があると部屋から逃げ出していました。

多くの専門家はARFIDについての認識が欠けており、親はサポートされずに理解されていない状態にあります。たとえば、ある親は、他の食品を何も提供しなければその子が他の食品を食べるだろうと言われました。
これは、誤りで「有害」です。

ARFIDは子どもだけでなく、家族全体に影響を与えます。
家族が一緒に食事を楽しむことができない場合、社会的な孤立につながり、幸福に大きな影響を及ぼすことがあります。
私たちは親と積極的に関わり、子どもたちがなぜ食事を制限するのかを理解してもらいます。

また、教室でのサポート戦略を説明し、家庭でも実施できるようにします。
たとえば、一般的な信念とは逆に、食事の時間は新しい食品を導入するのに適していないことが多く、望ましくない結果につながることが多いです。

家庭と学校の間での連携を保証することは、子どもと家族全体を支援することになります。
フードファクツを私たちのカリキュラムに組み込むことで、学校への参加と子どもたちが充実した人生を楽しむ能力に影響を及ぼす問題に対処してきました。

より多くの学校が私たちのアプローチを採用するにつれて、私たちはそのメッセージを広め、教室内外で食べ物への愛情を育む機会をより多くの子どもたちに提供することを目指しています。

すべての学校で、制限された食事をする子どもたちを支援するために変更を加えることができます。


次のリストは、「良い」違いをもたらす実用的なアイデアです。

小学校におけるARFIDの実践的サポート

  1. 教職員に制限された食事について教育し、これが子どもが好き嫌いの激しい食べ物であるのではなく、子どもがサポートを必要とする困難であることを理解させる。
  2. 親に話をし、その子が何を食べ、何を飲むかを把握する;すべての子どもが異なることを覚えておく必要があります。
  3. 子どもが自分の「安全」な食べ物や飲み物を学校に持ち込むことを許可する。
  4. 一部の子どもは特定の皿や特定のカップからしか食べたり飲んだりしないため、学校でもこれを再現することが役立つ場合もあります。
  5. 教職員に忘れずにしてもらうこと:
    ・子どもの食べ物の提示方法を変えない
    ・子どもが望む順番で食べることを許可する
    ・子どもの皿に「新しい」食べ物を載せない
    ・学校の食堂の騒音から離れた、子どもが食べるための静かなスペースを作る

 

ルー・カラン:英ローワン・ツリー小学校校長
クリス・ホイル:自閉症の専門家

(出典:英tes magazine)(画像:たーとるうぃず)

うちの子も小さな頃は、食べられるものが本当に限られていました。

特別支援学校に入学してから、熱心に先生方が給食のときに、無理をさせることなく、優しくがんばってくださって、今では何でも食べられるようになりました。

本当に心から感謝しています。

そして、うちの子と先生方との給食の時間の楽しい光景は一生忘れません。

自閉症の女性に多い摂食障害。外見への強い意識と感覚の問題

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。