発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害と診断をされた弟に、姉は大好きな恐竜の本を作った

time 2018/06/02

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害と診断をされた弟に、姉は大好きな恐竜の本を作った

母親のアリソン・マクドナルドは、小学校2年の娘のマリンはずっと文字を書くこと、絵を描くことが好きだと言います。
そして、2歳の息子のヘンリーは本が大好きです。
「息子のヘンリーは、ぬいぐるみや毛布を持ち歩きません。
その代りに、ずっと本を手にもっています。」
ヘンリーが発達障害と診断をされたとき、姉のマリンは弟のために本を作ると決めました。
「娘が言いだしたんです。
さっそく文字を書き、絵を描いて本を作りはじめました。
本当に驚きました。
娘の本には、8種類の恐竜が描かれていて、それぞれの説明が書かれています。」
b4 発達障害と診断をされた弟に、姉は大好きな恐竜の本を作った
ヘンリーは恐竜が大好きです。そのために、マリンは恐竜の本を作りました。赤い恐竜、青い恐竜、大きな恐竜、小さな恐竜。
想像した恐竜を描き、説明を加えました。
赤ちゃんの恐竜には、こちょこちょされるのが好きだと書いてあります。
母親のマクドナルトと父親は、この本をAmazonで販売し、収益を発達障害の支援団体に寄付することに決めました。
マリンは、「ニノスの恐竜」というタイトルにしました。
ヘンリーが恐竜、ディノスをうまく発音できずに、ニノスと言うことからそうしました。
弟のヘンリーは、姉のマリンが作ったこの本が本当に大好きになりました。
母親のマクドナルドは、息子が発達障害と診断をされても、他の子どもと同じように自分の気持ちを表したり、話すことがほとんできなくても、愛する気持ちは全く変わらないといいます。
ヘンリーも母親が大好きで抱きついて、笑顔を見せます。
「発達障害と診断をされて大きなショックを受けましたが、今は考え方が変わりました。
息子は、まず「子ども」なんです。
発達障害として捉えるのは、その次のことです。」
b2 発達障害と診断をされた弟に、姉は大好きな恐竜の本を作った
(出典・画像:米WICKED LOCAL
素敵なきょうだいです。
笑顔になってしまいます。
ずっと、いつまでも仲良くしていってほしいと思います。
発達障害とそうでない兄妹のそれぞれの心配

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「開けられるかねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。