発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子と家族みんながうれしくなった店員さんがくれた機会

time 2018/08/03

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の子と家族みんながうれしくなった店員さんがくれた機会

父親が弟とコンビニの店員との間の心温まる瞬間を撮影した動画を見て、彼女は涙が止まりませんでした。
米ルイジアナ州のデラニー・オロサイビはFacebookで動画を見ました。
デラニーの弟のジャック・ライアンは17歳。
発達障害のジャックは、30分以上の間、棚に品物を入れる店員の仕事を手伝いました。
「店員さんは、手伝ってもらっていると言いました。
弟に素晴らしい機会をくれて、私たち家族が忘れることのできない時間をくれたんです。
私の父は『奇跡を見ている。』と動画の中で言っています。」
t1 発達障害の子と家族みんながうれしくなった店員さんがくれた機会 t2 発達障害の子と家族みんながうれしくなった店員さんがくれた機会 t3 発達障害の子と家族みんながうれしくなった店員さんがくれた機会 t4 発達障害の子と家族みんながうれしくなった店員さんがくれた機会 t5 発達障害の子と家族みんながうれしくなった店員さんがくれた機会
数時間のうちに、このFacebookの投稿は1500以上シェアをされて、4000のいいね!がつきました。
デラニーは驚いたといいます。
「この動画をみて、私は何時間も涙を流してしまいました。
こんなに素晴らしい店員のヨルダンさんがいて、さらにこの動画を見た人たちがこんな反応をしていて、本当に驚いています。
私たちが生きている世界にはひどいことも多くありますが、そんなことを忘れさせてくれました。
ジャックと私にはもう一人、発達障害の弟がいます。
こんなにうれしい、みなさんの反応は私たち家族みんなを助けてくれるものです。
ヨルダンさんは、ジャックにジュースのびんを入れさせてだけでなく、もっと大きなことをしてくれたんです。」
そう姉のデラニーは言います。
t6 発達障害の子と家族みんながうれしくなった店員さんがくれた機会 t7 発達障害の子と家族みんながうれしくなった店員さんがくれた機会 t8 発達障害の子と家族みんながうれしくなった店員さんがくれた機会
動画の中で、ジャックの父親との会話のときに店員の20歳のヨルダンは再び進学したいという話をしていました。
この動画を見た人たちからはヨルダンの進学をサポートしたいという支援の声も多く寄せられました。
デラニーもこう考えています。
「私も母も、特別支援教育の教員をしています。
私の発達障害の兄弟や、私たちが教えている生徒たちには、ヨルダンさんのような人は必要なんです。」
そして、デラニーはヨルダンの進学を支援するためにクラウドファンディングを開始したところ、最初の9時間で6000ドル(約66万円)以上のお金が集まりました。
店員のヨルダンに、発達障害のジャックの姉のデラニーは会いました。
「誰も見ていないときの姿が、その人の本当の性格を表していると私は聞いたことがあります。
あなたがしたことが、こんなにたくさんの人が見るとは思わなかったでしょう。
あなたの優しさがたくさんの人に伝わったんです。」
そうデラニーはヨルダンに伝えました。
t10 発達障害の子と家族みんながうれしくなった店員さんがくれた機会 t11 発達障害の子と家族みんながうれしくなった店員さんがくれた機会 t12 発達障害の子と家族みんながうれしくなった店員さんがくれた機会
ヨルダンの母親、テイラーはこう言っています。
「息子にとってはいつもしているようなことです。
驚くようなことではありません。
そんな息子を誇りに思います。
多くの人にも、できるだけ人を助けるようになってほしいと思います。」
そんな母親の考えが、この動画を撮影されたときにも現れたのでしょう。
店員のヨルダンはこう言います。
「スマホのカメラを少しでも切り替えていたら、ジャックのお父さんの喜んでいる顔がわかったのですが。
お父さんも嬉しそうでした。ジャックもうれしそうに手伝ってくれました。
僕も本当にうれしくなりました。
みんなが幸せになれた日だと思いました。」
ヨルダンの母親のテイラーは、本当に息子のヨルダンには優しい心があるといいます。
ヨルダンがしたことは、動画に撮られてFacebookで話題になりましたが、そんなことは重要ではないといいます。
「たまたま撮影されましたが、僕は僕らしくいたいだけです。
人の役に立つことはうれしいことですよ。」
少し涙を拭いてヨルダンはそう言いました。
発達障害のジャックと店員のヨルダンはまた一緒に棚に商品を詰めました。
ジャックは笑顔にあふれていました。
(出典:米WAFB)(画像:Facebook
うちの子と買い物に行くと、いつもカートを押してもらいます。
商品をとって入れてもらったりもします。
傍からすれば、とても簡単なことだと思いますが、私からすればよくできた!と何度も言ってしまう楽しい共同作業です。
うちの子もにこにこです。
いっしょに何かをする機会、いろいろな人ともっと気軽にできる、こうした機会がどんどん生まれたらいいなと思います。
重度の発達障害の女性が初めてレジで買えた。

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。