発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

1週間に60分、ドラムをたたくと発達障害の子たちによい効果

time 2018/09/16

この記事は約 3 分で読めます。

1週間に60分、ドラムをたたくと発達障害の子たちによい効果

新たな科学的な研究の結果、発達障害の子どもたちが1週間に60分ドラムをたたくと、学習などによい効果をもたらすことがわかりました。

英チチェスター大学と英ハートプリー大学による共同研究プロジェクトでは、発達障害の子どもたちの教師の指示に従う能力の向上や友だちや先生たちとの社会的な交流を良くすることができました。

マイルストーンスクールの生徒たちは10週間にわたって1週間に2回、30分間ドラムをたたきました。
毎週のレッスンで、器用さ、リズムやタイミングにあわせることが向上していくことも確認できました。

チチェスター大学のスポーツと運動生理学について研究を行っているマーカス・スミス博士はこのように語っています。

「これは、ドラムをたたくことが、子どもたちの健康と福祉にプラスの効果をもたらすことを示すユニークで注目するべき研究です。
発達障害の方を支援する効果的で魅力的な方法だと思います。」

1週間に60分、ドラムをたたくと発達障害の子たちによい効果 d1

この研究では、その効果を示す証拠となるものだけでなく、10週間にわたって生徒たちの行動の様子の変化も評価されました。

慈善団体より寄付された電子ドラムを用いました。
まず先生がたたいて教えていきました。

予備的な研究の結果では、

器用さ、リズムやタイミングなど、子どもたちがドラムをたたく体の動きのコントロールが大幅に改善されていました。

また、家で集中して宿題に取り組めるなど、学校環境以外でも自分を制御する能力が向上していました。

そして、友だちや大人とのコミュニケーションができるようになってきたと、学校環境内でのポジティブな行動の変化も認められました。

1週間に60分、ドラムをたたくと発達障害の子たちによい効果 d2

社会的な変化、行動の変化、運動に関わる変化の詳細については、現在データの分析を進めているところです。

この研究に携わったすディーブ・ドレイバー博士はこう伝えています。

「ドラムをたたたくということは、身体活動、協調性、音楽性が組み合わさったものです。

それらの要素はすべて良いものでしょう。

ドラムをたたくことは幅広い人たちに、よい効果を与えるものである可能性があります。

今回、発達障害の子どもたちがこうしてドラムをたたくことで進歩し、発展するのを確認できたことは本当に有益です。

集中力が高まったこと、器用に体を動かせるようになったこと、

それだけでなく、行動も変わったのです。」

この研究のプロジェクトでは、10年にわたり研究調査が行われています。

(出典・画像:英チチェスター大学 米Science Daily

うちの子も太鼓をたたくことはできるので、学校での音楽祭では何度も太鼓の担当をしています。

たたいているときの笑顔は本当にすばらしくて、見ているこっちも笑顔になってしまいます。

それだけでも、本当にメリットがあるものだと思っています。

みんなで一緒に歌えば発達障害の子へのいじめが減るという研究

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから

人気の記事



たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!