発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

知的障害の人がVRで自動車の運転からバリスタになるまでを学ぶ

time 2018/09/25

この記事は約 2 分で読めます。

知的障害の人がVRで自動車の運転からバリスタになるまでを学ぶ

ここでは、最新のバーチャルリアリティ技術(VR)を利用して、知的障害の人が車の運転を学ぶことができます。
オーストラリアのエンデバー財団が、15のバーチャルリアリティによるトレーニングプログラムを提供しています。
知的障害のある人が、安心して道路を歩くことから、ATMの利用、そしてバリスタになることを目指した練習も行えます。
エンデバー財団のスチュワート・コプリックは、このVRで自動車の運転に必要なスキルが向上してきたと話します。
自動車運転プログラムでは、実際の通りの光景や道路地図を利用しています。
「このプログラムでは、高速道路を走った後、オフィス近くの道路を通り、次にマクドナルドに入ります。
実際のドライブのような体験ができます。」
ヘッドセットなどを利用したVRはインタラクティブで現実のように感じられるといいます。
「車のハンドルとプレーキ、アクセルのペダルも用意されています。」
エンデバー財団の広報担当はこれが重要なものであると伝えます。
「オーストラリアでは、地方では車なしでは生活ができません。
多くの知的障害の人がそれに該当しています。」
v2 知的障害の人がVRで自動車の運転からバリスタになるまでを学ぶ
このプログラムで利用されているVRシステムは、テレビゲームのように楽しいものになっているため、特に若い人たちには喜ばれて受け入れられているといいます。
カフェで仕事をしたいと願い続けているマイケル・ハンコックにとって、知的障害の人向けの、注文を受けてコーヒーを作るVRプログラムは取り組みたいものでした。
ハンコックはVRの安全な環境で、スキルを学び、実際の仕事につながる信頼を築くことができてきました。
財団のデール・ハーヴェイはこう言います。
「これまでに料理の作り方も学び、お金についても学んでいます。
特に、列車に乗るVRプログラムで、きっぷの購入、列車を待つことを学んだことはとても役に立っています。」
財団のコプリックは政府や企業からの資金援助に感謝を述べ、これからも発展させることができるという期待をしています。
(出典・画像:豪AUSTRALIA PRObono
VR、仮想現実だからこそ安全でコントロールできる環境を作ることができます。
厳しい、不確定なことがたくさんの現実で、困難に直面する前のよい練習の機会になります。
新しいテクノロジーがこうして役に立っていくことは本当にうれしく思います。
AIとGoogleグラスが発達障害の人を変える

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。