発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の息子は写真を取られるのが苦手。なので恐竜になった

time 2019/03/01

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の息子は写真を取られるのが苦手。なので恐竜になった

写真を撮ることが発達障害の子には大きなストレスになり、難しいことがあります。
サマンサ・ビショップの8歳の息子のレビもそうです。
何年もの間、家族一緒に写真を撮ろうとすると2時間はかかりました。
しかし、先日の写真では20分しかかかりませんでした。
どうしてそのときは簡単に撮影することができたのか?
それは、レビをティラノザウルスにしたからです。
k7-1 発達障害の息子は写真を取られるのが苦手。なので恐竜になった k1-2 発達障害の息子は写真を取られるのが苦手。なので恐竜になった
「息子のレビには、たくさんの困難があります。
写真を撮るときには、いつも大変でした。」
母親のサマンサはプロの写真家です。
レビはカメラに顔を向けることを嫌がります。
笑顔になることやポーズを頼んでも、わからないと答えます。
そうした時間が長く続くとパニックを起こしてしまいます。
「無理なことをお願いしていました。
息子は全く楽しんでいました。
見せてくれた笑顔も本物ではありません。
強制された偽物でした。」
そこで、今回はレビのお気に入りのキャラクターになって写真を撮ろうとお願いをしました。
親友のめいのローラと一緒になっての撮影です。
「息子はそれが大好きなんです。
もう、ずっと笑っていました。そして喜んでいました。」
k3-1 発達障害の息子は写真を取られるのが苦手。なので恐竜になった
k2-2 発達障害の息子は写真を取られるのが苦手。なので恐竜になった k4-2 発達障害の息子は写真を取られるのが苦手。なので恐竜になった
写真家としてサマンサは、発達障害の子をじっとさせることは難しいことだと考えています。
家族写真を撮ろうとすると、多くの家族から同じことを聞きました。
発達障害の子と一緒に家族写真を撮ることは難しい。
この問題に対して、サマンサの解決策は子どもを第一に考えることでした。
「親であれば、子どもが何をしても許せるでしょう。
絵のような美しい笑顔や瞬間は必要とされません。
幸せにしている子どもが撮れれば、それが親にとってもうれしいことなんです。」
次に写真を撮るときは、レビはゴーストバスターズのコスチュームを着たいと考えています。
(出典:英BBC)(画像:Facebook
息子さんの顔は全く写っていなくて、ティラノザウルスと女の子しか写っていません。
しかし、お母さんにはティラノザウルスの下に輝く息子さんの笑顔がはっきり見えているんだと思います。
それは本当にうれしい写真だと思います。
発達障害の人の助けになっているアニメ、映画、コミック、ラノベ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。