発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子どもたちの社会的なスキルも向上させる空手道場

time 2019/06/02

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子どもたちの社会的なスキルも向上させる空手道場

これまでに何十人もの発達障害の若者たちのモチベーションを上げ、コミュニケーションスキルの向上と規律を教えてきた空手の先生が、発達障害の若者向けのトレーニングプログラムを始めました。
ベネズエラ生まれの空手の先生、50歳のフランシスコ・サンタンデールは。このプログラムの良いところは、集中できるようにすることだといいます。
「子どもや若者たちが空手を通じて、心のオアシスを見つけるのは素晴らしいことです。
生徒たちは、数秒から数分間、瞑想するようになります。
そして、空手は集中力を導きます。」
2018年には、14歳から18歳までの発達障害の子ども約50人にトレーニングを行いました。
親たちから、行動の変化に感謝されているといいます。
k4 発達障害の子どもたちの社会的なスキルも向上させる空手道場 k1 発達障害の子どもたちの社会的なスキルも向上させる空手道場
「あるお母さんから、話すことができなかった発達障害の息子さんが『こんにちは』というようになったと感謝されました。
こうしたことがいくつもありました。
私たちの取り組みは正しいのだと思います。
子どもたちは、特に社会的なスキルで成長しています。」
この空手道場では、生徒たちが組み手をすることはありません。
先生とのみ行います。
特別支援教育の資格をもつ人たちと共同で道場を行っています。
「空手が上達するということは、強くなることだけではありません。
自分をコントロールできるようになることなんです。
心や体について学ぶ必要があるのです。」
k2 発達障害の子どもたちの社会的なスキルも向上させる空手道場 k5 発達障害の子どもたちの社会的なスキルも向上させる空手道場
17歳のニコラス・ペンスは健康になっただけでなく、自分を守ることに役にたっているといいます。
「空手を練習すると、自分が強くなっていく感じがします。」
先生に数回の突きをしたあとにそう言いました。
16歳のアリシア・バロスはこう言います。
「考えることがよくできるようになりました。
集中することができるようになってきたからです。」
空手の先生、サンタンデールはこう言います。
「空手が本当に発達障害の子どもたちの助けになっているんです。」
(出典・画像:米Miami Herald
子どもが興味をもてるもので、健康になり、社会的なスキルも向上するのなら本当にいいと思います。
強くなる感じが自分に自信をつけてくれますしね。
柔術が発達障害の子どもたちをいじめから救い、成長にも役立つ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。