発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の青年はボクシングを始めると薬を飲む必要もなくなった

time 2019/09/14

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の青年はボクシングを始めると薬を飲む必要もなくなった

ハーベイ・ウェブスターは発達障害です。自閉症、アスペルガー症候群、ADHDをかかえています。

ハーベイは自分の過剰なエネルギーに対処するために、スクレイパーズジムに通い始めました。
5月に始めてから、ハーベイと家族は驚くほどの進歩を遂げました。
14歳のハーベイはこう言います。

「とても得意なことだとわかりました。
自尊心が高まりました。
ここに来ると、僕は集中できていることがわかります。
とても楽しいんです。

僕は落ち着けるようになりました。
いろいろなことができるようになりました。

そして幸せです。
みんなと一緒にいることを感じています。

いい人にも出会えました。
もっともっといろいろな人と出会って交流をしたい。

僕は友だちにこのジムのことを教えました。
一緒にここに来て、スパーリングをして、ますます友だちと仲良くなれました。」

スクレイパーズジムは、慈善団体により運営されているものです。
ハーベイはボクシングを始めてからは薬を服用しなくなったといいます。

「薬を飲んでいたときには食欲がありませんでした。
とてもやせていました。

今はたくさん食べて、体重も標準です。

今は、他の人と同じように幸せを感じています。」

発達障害の青年はボクシングを始めると薬を飲む必要もなくなった b1-1

ハーベイはコーチのディーン・ハウエルズと母親のクレアから助けられてきました。
クレアはこう言います。

「ハーベイがボクシングをしたいと言い出したときは、正直私は不安でした。

ケガをしたりしているのを見ると心配になりますが、
それ以上にたくさんのことを手に入れていることがわかります。

今では、このジムを完全に信頼しています。

ボクシングを初めてから、ハーベイは大きく成長しました。
ADHDで見せていた過剰なエネルギーが、今ではボクシングに活きています。

ここで過ごしたあとは、とても落ち着いていて、薬なしで無事に一日を過ごせるようになりました。

ハーベイの社会的スキルも進歩しました。
かかえている自閉症スペクトラム障害は、まわりの人との関わりを難しくしますが、ボクシングが共通の趣味と鳴って周りの人とつながることを大きく助けてくれました。

息子がそうした趣味を持てたことがとてもうれしいです。

大好きな趣味があってそれに夢中になれば、家を出ていってさまようようなことも少なくなると思います。
すべての子どもたちにそうしたものが見つかってほしいと思います。」

(出典・画像:英Swindon Advertiser

好きなことが見つかって、心も体も良くなり、友だちもできる。

子も親も本当にうれしいことだと思います。

これだと思ったら、一緒になってチャレンジですね。

走り続けて発達障害を乗り越えてきた青年

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!