発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

ディズニーが話すことや歌を教えてくれ孤独からも救ってくれた

time 2019/10/29

この記事は約 3 分で読めます。

ディズニーが話すことや歌を教えてくれ孤独からも救ってくれた

ディズニーの「人魚姫」が発達障害の自閉症スペクトラムであるプロの歌手、カトリーナ・アギラールに声だけでなく夢の実現も与えてくれました。
4歳のときに自閉症と最初に診断されたとき、アギラールは話すことができませんでした。
そして彼女は、アニメの海底の物語の色、音楽、魔法を使って、5歳のときには必死に自分自身を両親に表現しようとし、そして最終的には歌うようになりました。
現在32歳の彼女は、米ボストン音楽院の声楽科を卒業しています。
今度の日曜日の夕方には教会で、お気に入りのディズニーアニメーション映画の16曲を歌います。
これは、米サンディエゴの自閉症ツリープロジェクト財団の募金活動です。
アギラールにとって、ディズニー映画は話すこと、そして歌うことを学ぶのを助けただけでなく、発達障害の人が感じる孤独に対して助けてくれたと言います。
彼女がショーで歌う2つの歌は、まわりに馴染むことに苦労する部外者について歌うものです。
「これらの歌は孤独についてのものです。
理解され受け入れられることだけを本当に望む歌です。
誰にとっても難しいことかもしれません。
しかし目を開いて、もっと困難に感じているたくさんのさまざまなタイプの人を見てください。
彼らに自分を感じるはずです。
これらの歌には、とても私の個人的な思い入れもあります。」
u2 ディズニーが話すことや歌を教えてくれ孤独からも救ってくれた
アギラールの父親のカルロスは、妻のマージョリーと娘のアギラールの自立を長年心配してきたといいます。
「娘は、ディズニーの『美女と野獣』『アラジン』などの映画のサウンドトラックを見たり聞いたりして喜んでいました。
娘は本当に人が苦手で友達を作るのに苦労していました。
しかし、最終的にはディズニー映画が娘を助けてくれたんだと思います。
まず話すことを学びました。
セリフや歌が大好きになって、それが大きな助けになりました。
明らかにディズニーのおかげです。
人への共感、愛、協力することは、発達障害の子にとって理解するのは簡単ではなかったはずです。
時間はかかりましたが、そうしたことも教えてくれ、学んでいました。」
父親のカルロスは娘のアギラールは、歌と演技の才能だけでなく、自分の物語を語る彼女の勇気にもつながったといいます。
アギラールはボストン音楽院で過ごしていた間も、友達にさえ自分が自閉症だとは決して言いませんでした。
「娘のまわりの人たちは、娘が違っていることはわかっていたようです。
しかし、その理由は知らなかったはずです。
娘は強い意思をもってそうしていました。それは簡単なことではなかったはずです。」
アギラールはこう言います。
「私が発達障害の人たちに伝えたいと思っていることは、
『あなたは孤独ではない。』
ということです。
発達障害でない人たちにも、発達障害の人たちが経験していることを理解してほしいと願って、私は歌っています。」
(出典・画像:米The San Diego Union Tribune
好きなことがこうして大きな成長を助けてくれます。
好きなことを見つけたら、ますます好きになるように一緒に楽しんで、手伝いたいですね。
発達障害の子のためのニューヨーク交通博物館の放課後プログラム

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。