発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

人生が変わった。自閉症の早期診断が適切に行われるように願う

time 2019/12/12

この記事は約 4 分で読めます。

人生が変わった。自閉症の早期診断が適切に行われるように願う

私の子ども時代は他の人の半分のようなものでした、なんと言っていいかわかりません。
友だちを作ることはとても難しいことでした。
私はちょっとしたことや新しい状況に我慢することができませんでした。
今までとは違う環境になると、体全体が熱くなり、手が震え、胸が引き締められ、悲鳴をあげたくなりました。
大きくなってからも、窓から霧がかかった現実を見ているように感じました。
私は自分を奇妙に思っていました。
他の人とほとんどうまく行かない事実に対処するために学ぶことが必要だと感じていました。
そして28歳になって、発達障害の自閉症と診断されました。
そう診断されて、私は安心しました。
自分が苦労してきた理由がわかりました。
しかし、子どものころにそう診断されていたら、どれほど人生は良いものになっていかたとも思いました。
g1-1 人生が変わった。自閉症の早期診断が適切に行われるように願う
そんなふうに考えるのは私一人きりじゃないこともわかりました。
自らが自閉症であることを知る前に人生の多くの時間を過ごしたのは私だけではありません、他にも多くの人がいました。
自閉症の成人についての調査は少ないため正確な数字はわかりませんが。
自閉症とその特質について、ここ数十年で理解は広まったと思います。
しかし、診断をされていない人はまだ多くいます。
私たちの社会にはそれを変える力やリソースはもうあります。
必要なのはそれを変えようとする意識だけです。
自閉症を専門とする心理学者のなかで、早期診断のメリットに疑いを持つ者はいません。
早期診断、早期療育によって、子どもたちは問題のある行動を減らし、社会とのやりとりを改善し、生活の質を良くする結果につながっています。
しかし、こうした療育もそもそも診断をされていない人には役に立ちません。
例えば、男の子よりも女の子は自閉症と診断されることが少なくなっています。
それは、自閉症の女の子は友だちを作ることができていたりするからです。
しかし一方で、大きな不安をかかえて過ごしてもいます。
自閉症と診断することの難しさはこの問題をさらに悪化させます。
自閉症の状態はそれぞれの人が異なり、程度もグラデーションのように異なり、簡単にチェックできるようなものでないからです。
多くの親は専門家ではありません、自閉症の調光を見つけるのに十分なスキルを持っていることないでしょう。
そのためには、親によりよい子育てにまかせるのを超えて、公立学校や幼稚園などでの精神保健サービスの拡大に投資する必要があるでしょう。
g3-1 人生が変わった。自閉症の早期診断が適切に行われるように願う
医療の診断とは別に、これらの公立学校の教師、心理学者、およびその他の専門家は、自閉症について生徒を評価するために協力することができますが、多くの人はそうするためのリソースを持っていません。
3月に米国市民自由連合によって発表されたレポートでは、心理学者に対する学生の平均比率は1526対1であり、専門家が推奨する1/2から1/3であることがわかりました。
さらに悪いことに、43%の生徒は心理学の専門家がまったくいない公立学校に在籍しています。
その結果、何百万人もの子供たちが、彼らが成長するのを助けることができる特別な教育サービスを逃しているかもしれません。
そのために医師にフォローアップする機会を逃しているかもしれません。
早期診断の推進は誤診の増加につながる可能性があり、すでにその原因になっている可能性があると主張している人たちがいます。
しかし、それは議論するまでもないでしょう。
理由のひとつに、ここ数十年でメンタルヘルスに関する科学がどのように進化したかをその人たちは無視しています。
今日、自閉症と診断された多くの子供たちは、20年前では注意欠陥多動性障害や強迫性障害など、別のメンタルヘルスの問題と診断されている可能性がありました。
自閉症と同時にかかえることはありますが、前の世代の子どもたちは自閉症と診断されずに誤診されていた可能性があります。
例えば、私はずっと自閉症ではなく、強迫性障害と診断されていました。
誤診を心配するよりも、資格のある専門家に子どもを助ける能力を与えるリソースへの投資にエネルギーを費やす方が良いでしょう。もう正しい知識と専門家はいるのです。
子どもたちに子ども時代を楽しめる、取り戻すことができる社会サービスにお金を集中させるときです。
g4-1 人生が変わった。自閉症の早期診断が適切に行われるように願う
28歳で人生を取り戻す方法を学んだ人間として、早期診断は大きなメリットがあるものだと私は思います。
自閉症という診断は私の人生を変えました。
私をより社会的に快適にしてくれました。
そして、私は教師として今うまくいっています。
自分自身をよりよく理解し、自分自身に優しくしてそうなれました。
他の人にもそうなってほしい。
社会が子どもたちを適切に診断をさせるようにもっと努力することを決定すればそうなります。
将来、自閉症の人たちが早期診断されたことに感謝するか、どうしてそうしてくれなかったのかと思うことになるのか、社会の選択にそれはかかっています。
(出典:米UNDARK)(画像:Pixabay
早期診断によるメリットは本当に大きなものなのでしょう。
社会システムとしては、それに対応するようになることを願わないわけにはいきません。
一方で、個人に対しては、いくら考えても時間は戻らなく辛くなるだけなので、これからに向けて顔を上げていただきたいと願います。
自閉症スペクトラム障害と大人になってから診断される人が増加

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。