発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

28歳の発達障害の男性が絵の動物園で人々を楽しませてくれる

time 2020/04/26

この記事は約 2 分で読めます。

28歳の発達障害の男性が絵の動物園で人々を楽しませてくれる

ブライアン・タナーは28歳、発達障害の自閉症で困難をかかえ、家族は目を離すことはありません。
ブライアンはこの新型コロナウィルス感染拡大の中で絵の教室へ参加することができなくなってしまったと母親のマリアは言います。
今は自宅で芸術に取り組んでいます。
b5 28歳の発達障害の男性が絵の動物園で人々を楽しませてくれる b6 28歳の発達障害の男性が絵の動物園で人々を楽しませてくれる b4-1 28歳の発達障害の男性が絵の動物園で人々を楽しませてくれる
ブライアンはこの一ヶ月の間「ブライアンの動物園」を描きました。
マリアはそれを人に見えるように窓に貼り付けました。
「多くの人が窓にメッセージなどを貼っていたりしていたので、うちではブライアンの絵を見せようと思ったんです。
ブライアンは絵を描くことが大好きです。
動物の絵を描いて、窓につけるようにしたんです」
マリアはFacebookでの反応だけでなく、実際に外を通り過ぎた人からの反応にも驚いたといいます。
ブライアンの姉のアリソンも、ブライアンは家で過ごすことを今は楽しめるようになったといいます。
絵の教室に行けなくなったことに慣れるのは簡単なことではありませんでした。
b1-2 28歳の発達障害の男性が絵の動物園で人々を楽しませてくれる b3-2 28歳の発達障害の男性が絵の動物園で人々を楽しませてくれる
アリソンは自閉症の人、特に重度の自閉症の人が日常生活を変えるのは難しいといいます。
「ブライアンは午前中に、その日に何が期待できるかというリストを作り始めます。朝食から始めて散歩に移り、昼食をとるので、彼はその日のうちに何を期待できるかについて考えています。
変更する必要がある場合は、リストを見て、変更を加えるようにしています 」
b2-2 28歳の発達障害の男性が絵の動物園で人々を楽しませてくれる b7jpg 28歳の発達障害の男性が絵の動物園で人々を楽しませてくれる b9 28歳の発達障害の男性が絵の動物園で人々を楽しませてくれる
母親のマリアは、自閉症の人がいる他の家族へのアドバイスは、とにかく、決めたことを繰り返すことだといいます。
「私たちはいつも、お決まり通りにものごとを行います。
息子のブライアンは朝起きると、これから行うべきことがもうわかっている状態です。
毎日何をするのかを書いて、見えるようにすることがそれに役立ちます。
変化することにも対応できますが、事前にわかるようにしておく必要があります」
社会的な距離を保ち、近くに散歩に出かけたときにブライアンの絵を見てみてください。
ブライアンは人が自分の絵を見てくれることをとても喜んでいます。
(出典・画像:米wktv
家にいる時間が長い今こそ、楽しんでくれるのならどんどん絵を描いたりすると良いと思います。
描いたら、Twitterなどにどんどん投稿もしましょう。
見る方も見せる方もうれしくなるはずです。
創作活動が好きだった知的障害の女性がラテ・アートを学び世界へ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。