発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

ずっと家にいたから、自閉症の青年は創造性を発見し育めた

time 2020/05/17

この記事は約 3 分で読めます。

ずっと家にいたから、自閉症の青年は創造性を発見し育めた

新型コロナウィルス感染拡大のために家で多くの時間を過ごすことで、自分について発見があった人もいるでしょう。
ある男性は、誰もが気づかなかった創造性を発見しました。
画家の才能です。
今では自分の芸術作品が人に知られるようになりました。
20歳になったカイル・ハバードは自閉症とてんかんをかかえています。
これまでは、会社に行きメールの仕分けなどの仕事を行っていました。
しかし、自宅で過ごさなければなくなってからは忙しかった一日とは大きく違うようになりました。
「息子がずっと家にいなければならなくなってから、その生活に慣れるのは簡単なことではありませんでした。
息子は何をすればいいのかわからなくなっていました。
私は絵を描いてみることをすすめました。
そして、ただ楽しい暇つぶしになったかと思っていたら、素晴らしいものを見せてくれたんです」
そう母親のミッシーは言います。
p4 ずっと家にいたから、自閉症の青年は創造性を発見し育めた p5 ずっと家にいたから、自閉症の青年は創造性を発見し育めた p3 ずっと家にいたから、自閉症の青年は創造性を発見し育めた
ネットで、ワインのコルク、フォーク、コットンボールなどさまざまなもので絵を描くことをミッシーは知りました。
一般的な絵筆の他にカイルが試せるものを探していました。
これまで絵を描いたことがなかったカイルは、これらを使うことで創造性を発揮させました。
カイルはいろいろな種類の花を描くようになり、今は背景や動物にも取り組んでいます。
カイルがかかえているてんかんのために、手が震えることがあり細かなところを描くことが難しいこともあります。しかし、ミッシーや父親、介助者が一緒に手をにぎることで助けました。
また、文字型に切り抜いたビニールをつかって絵に文字を加える方法も利用しています。
自分のFacebookにその絵を投稿するようになってからは、先生や久しぶりの人からコメントをもらうようになりました。
応援するコメントや賞賛のコメントも。
そして、よくコメントをくれる人にサプライズで、描いた絵をプレゼントすることを始めました。
「息子は誰に絵を渡したいかを教えてくれます。
そして土曜日には、マスクを付けて私たちは外に出て、絵を渡してくるんです」
絵を受け取った人たちはFacebookにもらった絵と自分が一緒に写っている画像を投稿しています。
大切にするとコメントしています。
p1 ずっと家にいたから、自閉症の青年は創造性を発見し育めた p6 ずっと家にいたから、自閉症の青年は創造性を発見し育めた
カイルの家族は、カイルが絵を描けることにおどろいただけでなく、カイルの絵が好意的に受け入れられていることにもおどろきました。
ネットでカイルが認められているのです。
「息子はそんなふうになることには慣れていません。
とても控えめでシャイなので。
注目を浴びることには慣れていませんが、
息子は自分のままでいいことに満足しています」
カイルは会社の仕事の再開を待つ今の間、絵を描き続けています。
今の仕事は何かとたずねるとカイルはこう答えました。
「人に笑顔を与えること」
(出典・画像:米syracuse.com
こんなにずっと長く家にいることが推奨されることは、今までありませんでした。これからももうないかもしれません。
そう考えれば、とても貴重なチャンスの時間です。
こうして、ポジティブに発見の機会とできたら最高ですね。
発達障害少年は動画とスプレー缶で才能発揮

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。