発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の音楽家は希望を共有したい。あきらめてはいけない

time 2020/09/12

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の音楽家は希望を共有したい。あきらめてはいけない

誰もが困難に直面します。
しかし、誰もがそれを克服する準備ができているわけではありません。

「希望」

をそのために共有したいと考えている音楽家がいます。

「どんなに状況が悪くても、障害をかかえているからといって、自分のやりたいことをあきらめてはいけません」

そう、音楽家で作曲家のジェイムズ・ジャゴーは言います。

m2 発達障害の音楽家は希望を共有したい。あきらめてはいけない

「私は自然からインスピレーションを得るのが好きです。
なので、森の中を歩くのが好きなんです」

ジェイムズは、数々の賞を受賞したバンドのメンバーで、名門の米バークリー音楽大学を卒業したばかりです。

ジェイムズの業績を聞いても、彼が障害について何を知っているのか疑問に思うかもしれません。
しかし、ジェイムズは発達障害の自閉症です。
毎日自閉症と闘っていて、成功するには多くの困難に直面してきました。

m5 発達障害の音楽家は希望を共有したい。あきらめてはいけない m7 発達障害の音楽家は希望を共有したい。あきらめてはいけない

「音楽は自分を表現する方法です。
私は自閉症です。
他の人との付き合いが苦手なんです」

母親のローリーは、息子が幼い頃に音楽に出会えたときに、母親のローリーは喜びましたがそれだけではありませんでした。

「ちょうど私が仕事を解雇されたときのことだったんです。
余裕がありませんでした。
別れた夫から、トランペットを買い取ることができませんでした」

そして、ローリーはは息子のトランペットを差し押さえなければならないという電話を受けました。

m1 発達障害の音楽家は希望を共有したい。あきらめてはいけない

「私は泣きながら言いました。
私の息子は自閉症で、音楽は彼が学校に行くための唯一の方法にもなるので」

浮き沈みがあっても、親子は決してあきらめませんでした。
ジェイムズはバークリー音楽大学に入るためずっと頑張りました。
ときには1日20時間も演奏の練習をしました。

m6 発達障害の音楽家は希望を共有したい。あきらめてはいけない m8 発達障害の音楽家は希望を共有したい。あきらめてはいけない

「私たちはずっと、
できない、無理。
そう言われて来ました。
しかし、息子のジェイムズは絶対に実現できるということを証明してくれました」

(出典・画像:米SPECTRUM NEWS

ご苦労を乗り越え、親子で夢をかなえられて本当に良かったと思います。

好きなことを見つけたら、徹底的に応援したいですね。

音楽大好きの発達障害の少年はミュージシャンの父親と歌う

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。